NO.6〔ナンバーシックス〕♯9 (講談社文庫)

  • 講談社
3.88
  • (42)
  • (44)
  • (38)
  • (7)
  • (2)
本棚登録 : 523
レビュー : 44
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062778923

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • エンディングはちょっと拍子抜けでした。

    沙布のエピソードをもう少し読んでみたいと思いました。

  • 炎に包まれた矯正施設から、命がけの脱出を成功させた紫苑とネズミ。イヌカシらに力を借り、意識を失ったネズミを病院に運んだ紫苑は、かつて地下世界の住人・老から託されたチップを医師のパソコンに差し込んだ。すると…。理想都市No.6を支配していたのは、誰なのか。崩壊と再生の物語、怒濤の最終章!

  • 炎に包まれた矯正施設から、命がけの脱出を成功させた紫苑(しおん)とネズミ。イヌカシらに力を借り、意識を失ったネズミを病院に運んだ紫苑は、かつて地下世界の住人・老(ろう)から託されたチップを医師のパソコンに差し込んだ。するとーー理想都市NO.6を支配していたのは、誰なのか。崩壊と再生の物語、怒濤の最終章!

  • まさに、崩壊と再生と“運命”の物語だった。理想都市そのもののような純粋で優しく冷酷さを秘めた紫苑と、野生の獣に似た美しく優雅で用心深いネズミと。嵐の夜の二人の出会いから、いや本当はそのずっと前から、多くのものが壊され失われてこの終焉に辿り着いた。これからどうなっていくのかなあと考えてみたけれど、きっと紫苑とネズミの関係だけは変わらないのだろうなと思う。何度離れても、何度でも出会う。信頼と愛情と畏怖を抱えて、互いの存在に救われながら、これからを生きていくんだろう。

  • 矯正施設破壊して終わりじゃなかったんだ?
    アニメで流されたりぼかされたりした部分が
    はっきりしてスッキリ。
    紫苑じゃないけど再会を待ち望んでしまう。

  • ネズミを連れて脱出した紫苑が向かった先は。そしてno.6の行く末は。

    悪運が強いと評されるネズミのスーパーマンっぷりの不自然さ。人々を魅了すると評される紫苑の魅力の不可解さ。
    この物語の底の浅さはその二点に尽きる。
    特に紫苑が人を魅了する様があまりに不可解かつ唐突で、ご都合主義的に物語が進んでいくようにみえるのだ。

    歌が世界を救うって、なにその超時空要塞マクロス、みたいなオチにも頭を抱えてしまった。

    最初から最後まで、感情垂れ流しのおセンチ文章で押し切ったのはある意味立派?
    鼻白む正義感と理想論も薄ら寒い。

    仲間大切で自分らしく生きたい絆教信者にはこういうのが受けるのか。
    もう二度と読まない作家決定。

  • 惰性で読んだ。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    炎上する矯正施設から間一髪で脱出した紫苑とネズミ。崩壊する聖都市NO.6、その先に広がる新たな世界とは。感動のクライマックス。

    【キーワード】
    文庫・シリーズ・近未来SF・マンガ化・アニメ化

    【映像化情報】
    2011年7月-9月アニメ化
    出演:梶裕貴・細谷佳正 等


    ++3

  • 特にネタバレは何もしてない気がするんですが、最終巻なので一応。

    遂に完結。
    毎度今までの流れを思い出しきれないまま読み始める。前回までネズミ・紫苑の脱出組とイヌカシ・力河の待機組の話が多かったので、そういやNO.6内も混乱中だったっけとぼんやり思い出す。

    あくまで個人的な感じ方や好みだとは思うのですが、あさのさんはあんまり心情だけで書き進めない方が良いのではないかと。動きを主軸とした中での心理描写は絶妙で、同時に展開する疾走感にワクワクするのだけど、モノローグ主軸の展開になると無駄に文字を並べてるような印象で、いまいち状況が入ってこない。

    正直矯正施設潜入中は、今度は展開だけが先走り過ぎて「え、そんな簡単に?どういうことだったの!?」と若干置いていかれたんですが…。
    なので前半はやっぱりちょっと間延び気味という印象。そのかわり後半はその置いていかれた部分が説明されたので、とりあえず綺麗にまとめてくれたかなと。沙布の存在意義がもう一押し欲しかったけれど。

    ラストの別れあたりはなんとなく『李歐』が頭をよぎった。
    早々に外伝が出たようなので、そちらで穴をいくつかでも埋めてもらえたらいいなあと。
    後半は無理矢理終わらせたようなので、少なからず読み手にもその苦しみのようなものが感じられたけど、一気読みすれば多少印象は変わるかなと。

    何はともあれ一区切り。お疲れ様でした。

  • 然るべき所に落ち着いた感じ。#7ぐらいからワクワクしなくなってしまった。

全44件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

あさの あつこ
1954年生まれの小説家、児童文学作家。岡山県英田郡美作町(現:美作市)湯郷出身。幼少の頃から本に親しみ、中学の頃から創作日記をつけはじめ、中学2、3年生の頃から作家を志す。青山学院大学文学部入学後、児童文学サークルに入り活動。卒業後小学校の臨時教諭を2年間務め、結婚。日本同人協会「季節風」同人となり、そこに連載した『ほたる館物語』で作家デビュー。
代表作に、1996年から執筆を続ける『バッテリー』。97年野間児童文芸賞受賞、99年『バッテリー2』で日本児童文学者協会賞、2005年『バッテリー』全6巻で小学館児童出版文化賞をそれぞれ受賞。シリーズ1000万部超の大ベストセラーとなり、映画化・アニメ化された。

NO.6〔ナンバーシックス〕♯9 (講談社文庫)のその他の作品

あさのあつこの作品

ツイートする