女神のタクト (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (4)
  • (17)
  • (15)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 139
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062779425

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 楽しい小説である。久しぶりに良い時間を過ごした。

  • ユーモア、感動、勇気、奇跡。少しの胸キュン。今欲しいものが全部詰まってた。

著者プロフィール

塩田武士(しおた たけし)
1979年兵庫県生まれ。関西学院大学社会学部卒。新聞社勤務中の2010年『盤上のアルファ』で第5回小説現代長編新人賞を受賞し、デビュー。2016年『罪の声』にて、第7回山田風太郎賞受賞、「週刊文春」ミステリーベスト10 2016国内部門で第1位となる。2019年『歪んだ波紋』で第40回吉川英治文学新人賞を受賞。他の著書に、『女神のタクト』『ともにがんばりましょう』『崩壊』『盤上に散る』『雪の香り』『氷の仮面』『拳に聞け!』『騙し絵の牙』がある。『罪の声』の映画化が2020年公開決定し、小栗旬・星野源の共演が決まっている。

女神のタクト (講談社文庫)のその他の作品

塩田武士の作品

ツイートする