天皇と中世の武家 (天皇の歴史)

  • 講談社
3.33
  • (0)
  • (3)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :33
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (390ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062807340

作品紹介・あらすじ

源平の争乱に始まる中世に重視されたのは、父子一系で繋がる一筋の皇統=正統であった。頼朝は正統の天皇を護るために武家を創り、幕府が後鳥羽上皇と戦ったのも朝廷再建のためだった。室町時代、事実上の院政を執った三代将軍義満など、中世の天皇と武家の役割を究明し、古典を鑑として秩序を求めた人々の営為を明らかにする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 朝廷と武家の関係の見直しを迫られた。天皇という存在の不思議さを再認識。大河ドラマ史観はやはり薄っぺらい。

全1件中 1 - 1件を表示

河内祥輔の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
タミム・アンサー...
有効な右矢印 無効な右矢印

天皇と中世の武家 (天皇の歴史)はこんな本です

ツイートする