決定版 小林カツ代の毎日おかず (今日から使えるシリーズ(実用))

著者 :
  • 講談社
3.71
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062807517

作品紹介・あらすじ

かんたんで、めちゃうま。和・洋・中の家庭料理が226点。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • レシピ本。片栗粉も便利だけど使ってないなー。粉を料理に使うと掃除が面倒で避けてしまう。

  • 小林カツ代さん好きです。
    ささっと作れておいしいのがイイ

  • 料理のレパートリーを増やすのに役たつ。時間節約料理にも使える。

  • というわけで(その2)、お母様のレシピ本も借りてきてみた。
    コロッケ、グラタン、オムライスに始まり、主菜から副菜から汁物まで。

    先の感想で書いたとおりこのシリーズの装丁は私好みだし、
    レシピの内容もいかにも家庭料理という感じの、てらいの無いもの。

    何しろ、「ワーッと煮からめる」とか
    「ザーッと調味料を加える」とか「ピャーッと回しかける」とか、
    オノマトペのオンパレード。

    でも、不思議とそのほうが分かりやすかったりするんだな。

    献立に困ったら、毎日でも開きたい本。
    これは買いです。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

小林カツ代(こばやし・かつよ)
1937年10月24日 – 2014年1月23日
大阪府生まれ。結婚を機に料理に取り組み、それがいかに大変な家事なのかを思い知り、料理にのめりこむ。結果、母の味をもとにした、家庭料理のプロとして独自のスタイルを確立。1980~90年、時短料理を通じて料理研究家として知られるようになる。専業主婦が当たり前だった時代から、女性の社会進出とともに夫婦共働きが主流になる時代背景の変化が、活躍の場を広げた。
1994年、「料理の鉄人」で料理研究家として「肉じゃが」で鉄人・陳建一に勝利。テレビ出演以降さらに引き合いが増えるなかで、「家庭料理の思想」をさまざまなメディアで語る機会が増えていくことになる。
2005年6月17日にくも膜下出血を発症しスタジオで倒れ、入院。もともと高血圧の持病を抱えていた。闘病を続けたが、意識が完全に戻らないまま2014年1月23日逝去。
合理的で多彩な家庭料理のレシピは幅広く支持され、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌等で活躍。著書は200冊近くにのぼる。

決定版 小林カツ代の毎日おかず (今日から使えるシリーズ(実用))のその他の作品

小林カツ代の作品

ツイートする