じょうぶな子どもをつくる基本食 (講談社+α文庫)

著者 : 幕内秀夫
  • 講談社 (2007年11月21日発売)
4.00
  • (4)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :47
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062811620

じょうぶな子どもをつくる基本食 (講談社+α文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 話題の本 待望の文庫化!
    現代病に負けない体のつくり方はもっと楽しく簡単だった!超簡単・幕内流レシピ付き!!

    「こんなに幼児食が簡単だったなんて!」話題沸騰のベストセラー本が、ついに文庫化!忙しいお母さんを苦しめてきた「幼児食の常識」を根本から覆す、食の魔法!もっと簡単に、もっとシンプルに、そしてもっと健康に!あなたの常識をみるみる変える、幕内流・超簡単食生活。忙しい家庭でも今日から始められる、「コンビニ食材でつくる元気メニュー」のレシピ付き!!

  • 肥満気味の娘のために読んでみました。
    子供の食事を考えるのに、苦労していたのでこれを読んでからは食事作りがとっても楽になりました。
    実践できることから少-しずつ、頑張っていこうと思います。

  • 食事に対する考え方が変わりました!
    本当に出会えてよかったです。


    いままで、スーパーで食材を手にとるたびに、自分の選択は正しいのか、不安になりながら購入していました。
    ですが、この本に出会い、選び方の優先順位を教えていただいたことで、気を楽にしてお買い物ができるようになりました!

    これから離乳食を始める子どもがおりますので、今のタイミングで読めてよかったです。
    手作りパンやクッキーを作ってあげることが愛情だと思い込み、料理ベタな私にはすこし気が重かったところでした…

    食べ物に対する考え方を書いているだけではなく、離乳食の進め方や、子どもの基本食の献立、レシピも付いていて、かなり充実した内容です。


    離乳食作りや手作りおやつの用意に面倒さを感じているお母さん、ベビーフードなどの市販品に手を出す前に、一度この本を読んでみることをオススメします^^!
    きっと気持ちを楽にしてくれると思います♪

    添加物や自然食についての本を読み込んで疲れ果ててしまった方にも、ぜひ読んでいただきたいです!

  • とにかく子供にはご飯中心の食事をということ、子どものおやつは本来胃袋の小さい子どもが熱量を補うための4番目の簡単な食事であり、おにぎりやいも類などが最適というのに納得。
    巷のあまりのきらびやかな離乳食レシピに少し疑問を持ち、自分の子には基本的にご飯といも類を中心に離乳食をしています。
    (肉類はほとんど与えてません)
    検診のときに肉類を!と言われましたが、この本を読んで肉類がさほど大切じゃないことが再度分かってほっとしました。

  • 2008.03.07

全5件中 1 - 5件を表示

じょうぶな子どもをつくる基本食 (講談社+α文庫)のその他の作品

幕内秀夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安武信吾・千恵・...
高野 和明
デール カーネギ...
幕内 秀夫
酒井 駒子
かがくい ひろし
有効な右矢印 無効な右矢印

じょうぶな子どもをつくる基本食 (講談社+α文庫)はこんな本です

ツイートする