普通の人がこうして億万長者になった――一代で富を築いた人々の人生の知恵 (講談社+α文庫 (G166-1))

著者 :
  • 講談社
3.55
  • (12)
  • (19)
  • (29)
  • (5)
  • (1)
本棚登録 : 187
レビュー : 18
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062811880

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 億万長者のマインドを知りたくて読書。

    品格主義、原理原則主義が中心に据えられていると感じる。

    ミクロとマクロの両方で考えて、またミクロへ落とし込む考え方。

    資産家ほど知恵を大切にし、生活は質素で派手さもない。さらに、お金に好かれており、お金に動いてもらう方法を知っている。

    彼らと今の自分との違いは何か。そして、1歩でも近づける部分はどこかを考えさせてもらった。

    読書時間:約40分

  • ”第2章で停滞中(090103現在)
    #ミリオネオに送ったアンケートをもとに構成、という手法が記憶に残っており、探して探して見つけた本なのに…(^^;”

  • アンケートの結果や、コメントが読み易くまとめられている。
    成功者の人生訓や記録とは違い、あくまで億万長者というところに主眼を置いたのが面白い。
    長期的に考え、人生の成功者(お金持ちになるかどうかは別として)になりたい人は、さらっと読むと面白いと思う。

  • 億万長者になれること前提で行動していくこと。
    億万長者マインドを身に着けていければ、自然と近づくことができるだろう。
    収入の範囲内で生活をすること。
    いくらお金をたくさん持っていようとも質素倹約。
    誠実。健康。運。コツコツと真剣に努力することが、やはり基本なんだなと思った。
    ビジネスチャンスをつかんで、一気にっていうのはドラマの世界なのかな。
    価値観が少し変わりました。

  • 普通の人と億万長者の考え方の違いが理解できた。
    誠実に一生懸命対応すること。
    お金は後からついてくる。
    幸福とお金は関係ない。

  • 日本の億万長者の実態について書かれた本。
    書いてある内容はユダヤ人の大富豪の教え Ⅰ Ⅱ を
    裏付ける形になっている。
    文章は優しく 気ままなページから読み返す事が容易だろう。
    個人的には第6章のメンターに関するページに興味を惹かれた。

  • 「億万長者が成功するために最も大切だと考えるのは、誠実であることです。」

    高額納税者に対して大規模なアンケート調査行い、普通の人と億万長者とで、生き方や考え方の何が違うのかが赤裸々に明かされる。大量のデータと緻密な分析による考察には説得力がある。表やグラフを見れば明らかである。
    このような本は他にない。
    お金持ちになりたい人は必読。

  • 人の上に立つ人は、①自分を知る、②時代を知る、③哲学を持つ、の3つが必要だ。
    ①自分を知る
    自分が好きなもの、やりたいことを知っていれば、それに邁進できる。その人は強い。福島正伸氏も、「能力よりも適性、適性よりも好きであることが大事」と言っている。
    ②時代を知る
    自分がやりたいかやりたくないかに関わらず、時代が進む方向というのがある。その流れに乗って成功する人もいれば、あえて流れに逆らって成功する人もいる。一般的に、「時代の半歩先を行く」人が成功すると言われている。
    ③哲学を持つ
    人は自分の哲学(価値観、考え)を確立している人に魅かれる。価値観が多様化した現代において、人を魅了する哲学を持っているかどうかがますます重要になる。

    小阪裕司「リアル仕事力」に引用があったので読んでみた。タイトルがキャッチーなので内容が薄いことを危惧していたが、案の定内容が薄かった。残念。

  • とっても当たり前のことなんだけど、
    この当たり前が大事なのだと思う。

全18件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家。神戸生まれ。
「お金と幸せ」「ライフワーク」「ワクワクする生き方」をテーマにした1000人規模の講演会、セミナーを全国で開催。
4500万ダウンロードの大人気のインターネットラジオ「本田健の人生相談~Dear Ken~」の他、2014年からは世界を舞台に講演をスタートさせるなど、自分がワクワクすることを常に追いかけている。
著書に『ずっとうまくいく人の習慣』『やたらとお金が貯まる人の習慣』(以上、三笠書房《王様文庫》)、『一瞬で人生を変えるお金の秘密 happy money』(フォレスト出版)、『ユダヤ人大富豪の教え』『20代にしておきたい17のこと』(以上、大和書房)、
翻訳書に『一瞬で自分を変える法』(三笠書房)など。累計発行部数は700万部を突破している。
2019年6月にはアメリカの出版社Simon & Schuster社から、初の英語での書き下ろしの著作「happy money」をアメリカ・イギリス・オーストラリアで同時刊行。同作はヨーロッパ、アジア、中南米など、世界40カ国以上の国で発売されることが決まっている。

「2019年 『なぜ、あの人はいつも好かれるのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

普通の人がこうして億万長者になった――一代で富を築いた人々の人生の知恵 (講談社+α文庫 (G166-1))のその他の作品

本田健の作品

普通の人がこうして億万長者になった――一代で富を築いた人々の人生の知恵 (講談社+α文庫 (G166-1))を本棚に登録しているひと

ツイートする