筒井版 悪魔の辞典〈完全補注〉下 (講談社+α文庫)

制作 : 筒井 康隆 
  • 講談社
3.33
  • (0)
  • (6)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 86
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062812535

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  上巻ですでにお腹一杯になっていたので、下巻はもう過剰そのもの。
     少し時間をおいて読めばよかったのかもしれない。
     いやいや、やはりちらちらと小出しに読んでニヤリとするのが一番なのだろう。

  • 本邦で過去3度にわたる名訳・迷訳を超えて、9年におよぶ難行苦行の末、ついに完訳!筒井康隆、唯一の翻訳書を上下2巻で完全文庫化。下巻はM~Z。“ビアスの笑いは根底に憎悪や嫌悪感を持つ苦い笑いである”(「『悪魔の辞典』新訳の悪夢」より)。その辛辣なビアスの世界を、スラップスティックの鬼才はいかに料理し、読者を震撼させたか!?巻末に「日本語五十音索引」付き。

  • 原著ビアスに巡り合ってから数十年がたつ。筒井康隆の言葉が優しく感じるのは、それだけ馬齢を重ねたということか。

  • (上下共通)
    完訳ってのがそもそも重要なわけです。
    筒井もがんばって訳したんだろうけど、原書の単語の選択であるとか、時代性であるとかが、やはり全体的に楽しかったと言い切れないところです。
    資料的価値は間違いなくありましょう。
    下巻の「UN-AMERICAN」だけは現代的だなぁというか、昔からアメリカは変わらないなぁというか。
    この項目だけでも一読して苦笑いを是非。

全5件中 1 - 5件を表示

アンブローズ・ビアスの作品

筒井版 悪魔の辞典〈完全補注〉下 (講談社+α文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする