いまさら入門 太宰治 (講談社+α文庫)

著者 :
  • 講談社
3.43
  • (1)
  • (6)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 37
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062813310

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 太宰を読む為の提案書。「好き」って凄いね。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「「好き」って凄いね。 」
      へぇ~木村綾子って読んだコトなにのですが、太宰治関連の本を幾つか出されているみたいですね、、、「太宰治と歩く文学...
      「「好き」って凄いね。 」
      へぇ~木村綾子って読んだコトなにのですが、太宰治関連の本を幾つか出されているみたいですね、、、「太宰治と歩く文学散歩」でも読んで旅に出てみたいです。。。
      2013/09/20
  • 冒頭からあいた口が塞がりませんでした。人間失格についての項は、意味不明すぎて笑えました。

  • さすが、の一言。
    彼女の太宰治に対する愛が伝わる。
    作品だけでなく、本当に彼を愛しているのね、わかる、わかるよ!
    内容は、のっけは、多分意識して軽く書いている。軽すぎるくらい。
    でも、しっかり詰めてます。
    最後の方の人称や女性独白についてのくだりや、斜陽、人間失格のくだりは素晴らしいです。
    ネット社会については多少こじつけ感をかんじますが、(無理矢理まとめた感否めませんが)でも、太宰治は決して彼が言うほど、世間が言うほど、どうしようもない奴なんかじゃない。
    と、わたしも思います。
    これを読んだら、太宰作品をより一層楽しめることうけあいな一冊。

  • 太宰は前から好きな作家で、全集も持っているけれど、最近はすっかりご無沙汰なので、また読みたくなってきた。まだまだ全作品には程遠い…

  • 本をここまで深く読み込むってすごいです。
    同じ20代で、こんな読書をしてる人がいるんだと思うと、
    自分の読解力のなさが情けなくなる(:_;)

  • 2009.12.1読了。

全7件中 1 - 7件を表示

木村綾子の作品

ツイートする