ふだん使いの正しい敬語 (講談社+α文庫)

著者 :
  • 講談社
2.67
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 25
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062813334

作品紹介・あらすじ

「おっしゃられる」「したがいまして」「お講演」「ご主人様によろしく」はなぜ正しくないのか。よく使われるのに間違っている敬語約60事例をクイズ形式で紹介。語源から具体的に解説するので、美しい敬語の使い方がスッキリわかる。面接の第一印象から電話の応答まで、就活学生もビジネスマンも、敬語力で品格が(自分比)3割アップ!手軽に読めて、楽しみながら「暮らしの知恵」が身につく、講談社+α文庫ライト、第1弾。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • この本を読むと、敬語の面白さが広がります。
    職場で、商品の広告で、役所・銀行・学校などからの連絡で・・・ふだん目に触れる言葉がいかにいい加減か、考えさせられます。私は、この本から得た知識を、他人を責めるためではなく、自らの日本語能力を磨くために読み返しています。
    以下は、とくに気に入っているところです。
    ---------------
      ×当件のお問い合わせ先は
      〇当件のお問い合わせは
      △当件の問い合わせ先は
    ---------------
    なぜ「×」なのか「○」なのかの解説も分かりやすく、さらに詳しく調べる契機となる良著だと思います。

  • 読みづらい。

  • 筆者の語り口としては、こんな敬語の間違いがありましたよ〜というもの。その指摘先は一般企業の広告から、言語学者までと幅広い。しかしそこまでいくと、この作者の言ってることも正しいのかと思ってしまう。内容も少ないので

全3件中 1 - 3件を表示

ふだん使いの正しい敬語 (講談社+α文庫)のその他の作品

奥秋義信の作品

ツイートする