アホな総理、スゴい総理-戦後宰相31人の通信簿 (講談社+α文庫)

著者 :
  • 講談社
2.50
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 17
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062813358

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 本書は表紙の写真のとおり、「鳩山アホやな」ということを書きたくて出したと勘ぐりたくなります。政治部の記者の如く、歴代総理の発言や党内派閥政治の模様を見るにつけて、評価しています。具体的に何点、何位かは書いてませんが、吉田、岸、池田、佐藤、田中、中曽根、小泉は評価が高そうです。

    問題は、歴代総理の通信簿をつけるのに、何を実現したかという政策の観点か大きく欠如していることで、人間像や党内政治の人身掌握術を照らすばかりです。政治は人間模様だ、という一側面にワイドショーのようにスポットを当てるこのマスメディアのやり方を改めない限り、なかなか「政策本位の政治」への期待が高まらないのでは、と先日の大阪W選挙の結果を見ても思いました。ジャーナリスト・記者の姿勢と能力が問われる時代です。

  • ふ~ん。
    意外なところで、わからなかった功績とかが書かれていて参考になりました。

     でも、著者の「ということだった」という文体が気になって気になって仕方なかったです。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

政治評論家。1941年、東京都生まれ。早稲田大学第一商学部卒業。的確な政局・選挙情勢分析、独自の指導者論・組織論に定評がある。執筆、講演、テレビ出演など幅広く活動。

「2021年 『田中角栄 上司の心得』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林吉弥の作品

アホな総理、スゴい総理-戦後宰相31人の通信簿 (講談社+α文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×