オーラの素顔 美輪明宏の生き方 (講談社+α文庫)

著者 :
  • 講談社
4.10
  • (8)
  • (8)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062813372

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 紅白のヨイトマケにやられて読んだ。美輪明宏の人生は奥深い。長崎での原爆体験から東京でのどん底の日々。脚光を浴びても見向きもされなくなる。浮き沈みの激しい人生を強靭に生きる美輪は気高くもある。出てくる登場人物もスターばかりで、さながらもう一つの昭和史のようである。シャンソン喫茶銀巴里で力をつけ、歌舞伎座で『黒蜥蜴』を上演するまでになった丸山(美輪)への三島由紀夫の言葉が感動的。「あの(銀巴里のある)銀座7丁目から歌舞伎座の銀座4丁目まで、たったあれだけの距離を、君は15年かけて歩いて来たんだね」。

  • 何かしらに付け、気持ちが失速気味なこの頃。そんな中、出会った本です。説教めいた指南書やあるべきシリーズを掻き集めた自己啓発本なんかよりも、読む価値が大きいのではないかと思います。
    人生の光と影をくっきりと表現しているこの本では、美輪さんの成功話よりも、苦労話の方が深々と余韻を残しました。美輪さん自身が幾度となく苦労し、勉学を積んできたからこそ、人の痛みや苦しみが分かり、そして慈しみを持つ言葉で人々を癒せるのですよね。

  • 美輪明宏の人生を追いかけ綴ったノンフィクション。著者がノンフィクションとして三輪の「スピリチュアル」「オーラ」を書くべきか非常に迷ったという。個人的にはむしろ良かった。美輪さんの壮絶な生き様と孤高の芸術性と、人生の悲哀が知れる一冊。

  • 美輪明宏の評伝。他人が書いたからこそドキドキしながら読んだ。でも大丈夫だったよ!
    かなりの辛酸をなめてきてるけど、立ち上がる。絶望しない。感謝を忘れない。そこに改めて素晴らしさを感じた。
    後書きに、「美輪明宏の霊能力は功徳を施すための手段」とあるが、それが言いたかった!!スピリチュアルが敬遠される理由はよくわかるけど、これにかぎっては霊が主題になってないんだよね。あくまでも生きてる人のために視てる。よりよく生きるための方策にしてるとこが共感する。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1966(昭和41)年、東京生れ。早稲田大学第一文学部卒。ニューヨークの日系誌記者を経て、ノンフィクション作家に。戦争、犯罪事件から芸能まで取材対象は幅広く、児童書の執筆も手がけている。『ガマ 遺品たちが物語る沖縄戦』(講談社)は、厚生労働省社会保障審議会の推薦により「児童福祉文化財」に指定される。著書に『妻と飛んだ特攻兵 8・19満州、最後の特攻』(角川文庫)、『消された一家』(新潮文庫)他多数。

「2018年 『ベニヤ舟の特攻兵 8・6広島、陸軍秘密部隊レの救援作戦』 で使われていた紹介文から引用しています。」

オーラの素顔 美輪明宏の生き方 (講談社+α文庫)のその他の作品

豊田正義の作品

ツイートする