暮らしのさじ加減―ていねいでゆっくりな自分にちょうどいい生活 (講談社+α文庫)

著者 :
  • 講談社
3.38
  • (4)
  • (10)
  • (13)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 120
レビュー : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062813440

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 再読。

    いわゆるスローライフ、シンプルライフ本のカテゴリに入ると思うのだけど、実例としての写真例などはなく、シンプルな挿絵がときおりあるだけなのも、また「こうでなくちゃ」と妙なプレッシャーがなく読めていいのかもしれません。

    スケジュール帳に増え続けていくタスクリスト、RSSリーダーに溜まり続けるfeedの量、既読にするスピードを凌駕する未読メール、買ったものの全部読み切れず積まれていく雑誌…などなど、ここ数年でなんだか情報の溜まっていくスピードがアップして、肝心の人間が処理しきれないであっぷあっぷしているなぁ…というのはなんとなくワタシも感じてはいました。

    まぁ、電子の海や紙の山を漂い続けることよりも、まず自分にきちんと向き合いましょう、ということなのでしょうか。自分が心地良い、丁寧に生活する、ということで情報量の流量もコントロールできるのかもしれませんね。

    ショッパホリック、「疲れている自分にご褒美を」というシンドロームはすごく実感しますね。で、結局その増えたモノ達でストレスがまた溜まる…という悪循環も(笑)

    すべての生活を丁寧にゆっくりと…は無理かもしれませんが、自分にゆっくりと向きあう心地よい時間は、たとえわずかでも毎日持ちたい、増やしてゆきたいな、と思わせてくれる本です。

    文章もあまり押し付けがましくないので、サクサク読める割にはちゃんと心に響いてきますよ。

  • 2014年10月6日購入。
    2015年1月22日読了。

  • 日々の暮らしを大事に生きる、というスタンスに共感。マネしようと思えることは少なかったけどその意気は取り入れたいと感じました。日々の暮らしに余裕がなくなってる今、読んだら少し気が楽になった!

  • 忙しがってばかりいないで、ちょっとここらで深呼吸。大切な人生、大切な日々を荒々しく過ごしてしまわないためのヒントがいっぱい!自分サイズの暮らしを4本の柱で守って、ゆっくりていねいに生きていきたい。「日々の小さな習慣が自分をつくる」「ちょっと不便でも、ていねいに暮らしたい」…珠玉の言葉にココロも満たされる一冊。

  • ていねいに暮らしたくなった時に読む

    今の時代、身の回りには美味しいものや
    暮らしをラクにするものが溢れてるけど、
    その分余計なものも入ってくる


    心地よさとラクさ?のバランスって
    結局自分が決める事だよなぁ


    ここに書いてある全てをマネしようとは思わないけど、
    自分のペースでていねいに日々を生きようと思えます

  • 『大人になった今なら、わかる。何でもない日なんて、本当はないということ。何でもない日を最高の日に変えられるのは、自分自身であることを』
    この一文を、今の自分が読めたということだけでもこの本を手に取った意味があった!

  • 金子さんの本は、自分の心の中から出てきた自分の言葉で書かれているので、シンプルだけど説得力があるんだと思う。時間はかかるだろうけど、俺も俺自身の荷物を少しずつ軽くしていこうと思ってるんだ。

  • なんかお説教されてるみたい・・ しかもあまり実践的でないような。思いつきで書いているのでは?途中で放棄。

  • ふと、書店で目に留まり購入しました。
    情報過多の現在、自分らしく生きることは難しいけれど、
    少しずつでも、見つけていけたらいいな。
    そう、思える本でした。

  • こんな風に自分に合った暮らしをみつけていけるといいなぁとしみじみ。
    のんびり快適に暮らすためには、ちょこっと頑張ろうかなぁという元気がでました。

全14件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1965年生まれ。出版社勤務を経て現在はフリーランス。ひとり暮らしの時期にシンプルライフに目覚め、二児の母であり、主婦である現在もそれをムリなく実践。
総合情報サイト All About「シンプルライフ」のガイドとしても活躍中。
『毎日をちょっぴりていねいに暮らす43のヒント』(すばる舎)、『持たない暮らし』(アスペクト)をはじめ、ロングセラーの著書が多数。最新刊は『ちょうどいい暮らし』(青春出版社)。

暮らしのさじ加減―ていねいでゆっくりな自分にちょうどいい生活 (講談社+α文庫)のその他の作品

金子由紀子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小池 龍之介
三浦 しをん
暮しの手帖編集部
有効な右矢印 無効な右矢印

暮らしのさじ加減―ていねいでゆっくりな自分にちょうどいい生活 (講談社+α文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする