新装版 続・君について行こう 女房が宇宙を飛んだ (講談社+α文庫)

著者 :
  • 講談社
4.21
  • (12)
  • (12)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 68
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062814065

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まきおさんの著者は3冊目くらい。久しぶりで面白くはあったけれども、ややマンネリ化してるかな。ご本人には会ってみたいな。

  • 宇宙飛行士、夫婦、夢

  • ついに宇宙へ。宇宙マニアのご主人がこれだけ詳しく書き残してくださったおかげで、宇宙について興味が湧いたし、視野を広げてくれた。感謝したい。

  • 宇宙飛行が終わってからも1年以上公式日程があったり、宇宙飛行して帰還したら終わりではなかったんだなぁ。

  • 小山宙哉氏は、向井氏が書いた一連の本を読んでいたそうです。
    残念ながら、私は本屋さんでこの本しか見つけることができませんでした。

    宇宙に行ったことで人生観が変わるわけではないという千秋さんの言葉と、それに対する万起男さんのコメントが印象に残りました。

    いずれにせよ、私の宇宙に対する野次馬心を満たしてくれた一冊でした。
    機会があれば、向井氏が書かれた他の本も読んでみたいです。

  • 宇宙飛行士が宇宙に行く前に何をするのか、地球に帰ってきたあと何をするのか詳しく書かれている。宇宙で地球で向井千秋は何を感じたのか。まっすぐな向井さんに惹かれます。

  • 知られざる宇宙飛行士達の活躍&その家族の物語。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

むかい・まきお 1947年、東京都生まれ。慶應義塾大学医学部卒業。慶應義塾大学医学部准教授、病理診断部部長を務めた。
「宇宙飛行士・向井千秋の亭主」であることを潔く自認し、『君について行こう 女房は宇宙をめざした』『続・君について行こう 女房が宇宙を飛んだ』などのエッセイを執筆。2009年、『謎の1セント硬貨 真実は細部に宿る in USA』で第25回講談社エッセイ賞を受賞。著書に『ハードボイルドに生きるのだ』『渡る世間は「数字」だらけ』『無名の女たち 私の心に響いた24人』『米国の光と影と、どうでもイイ話』など。

「2018年 『人に言いたくなるアメリカと野球の「ちょっとイイ話」』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新装版 続・君について行こう 女房が宇宙を飛んだ (講談社+α文庫)のその他の作品

向井万起男の作品

ツイートする