マネジメント革命 -「燃える集団」をつくる日本式「徳」の経営 (講談社+α文庫)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (2)
  • (4)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 61
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062814188

作品紹介・あらすじ

健全な組織はゆるぎない信頼感に支えられている。その信頼感を生み出すのが、「徳」をもって集団をまとめるリーダー「長老」の存在だ。「徳」の経営が実践されるとき、運も能力も向上し、奇跡を呼ぶ「燃える集団」が出現する。ニッポンの文化の中で独自に形成されてきた、指示・命令をしないビジネス・スタイルこそが不確実な時代を突破する原動力となる。元ソニー上席常務がフロー理論を織り交ぜながら提唱する画期的ビジネス・マネジメント学。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最初はマネジメントの話だけど、中盤から精神世界の話になってしまい、真剣に読んでいられなくなってしまった。

  • 2011/11/6

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

工学博士(東北大学)、名誉博士(エジンバラ大学)。1964年、東京工業大学電子工学科卒業後、42年間ソニーに勤務。上席常務を経て、ソニー・インテリジェンス・ダイナミクス 研究所(株)所長兼社長などを歴任。現在、「ホロトロピック・ネットワーク」を主宰、医療改革や教育改革に携わり、瞑想や断食を指導。また「天外塾」という企業経営者のためのセミナーを開いている。さらに2014年より「社員の幸せ、働きがい、社会貢献を大切にする企業」を発掘し、表彰するための「ホワイト企業大賞」も主宰している。著書に『実存的変容』、『「ティール時代」の子育ての秘密』、『「人類の目覚め」へのガイドブック』、『ザ・メンタルモデル』(由佐美加子・共著)、『自然経営』(武井浩三・共著)など多数。

「2021年 『「自己否定感」怖れと不安からの解放』 で使われていた紹介文から引用しています。」

天外伺朗の作品

マネジメント革命 -「燃える集団」をつくる日本式「徳」の経営 (講談社+α文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×