本がどんどん読める本 -記憶が脳に定着する速習法! (講談社+α文庫)

著者 : 園善博
  • 講談社 (2011年5月20日発売)
3.23
  • (2)
  • (4)
  • (13)
  • (3)
  • (0)
  • 78人登録
  • 6レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062814270

本がどんどん読める本 -記憶が脳に定着する速習法! (講談社+α文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本を読むのに苦労している方におすすめ。
    自分もこれまでは頭からしっかり読んでいくタイプで、疲れる割に内容が頭に入りませんでしたが、この本を読んでからは、もっと肩の力を抜いて本が読めるようになり、活字恐怖症が改善された気がします。

  • 「速読」というよりも「文章を読む」ということについて考えてみれば「目で文字を追う」「その文字を解釈する」大まかに言ってこの二段階があり、それぞれのスピードを上げることによって、より早く「本を読む」ことができる。「速読」について書かれた本ではそのトレーニング法として、いわばハード面での「目の動かし方」といったものに重点をおいているものが多いように思う。

    しかしどんなに目を早く動かして文字を追えるようになっても、全く未知の分野の文章を理解することは難しい。また「速読についてあまり詳しくはない読書家」は「読むことを続けるうちに早く読めるようになった」という意見が多い。そうしたことを考えると、早く文章を読むコツというものはハード面でのスキルよりも、むしろソフト面でのスキル「認識力を高めること」そのために「予備知識をできるだけ多く持つこと」さらには「予備知識として活用できるために既知の知識を応用する技術を身につけること」にあるように思う。

    本書はハード面のメソッドも取り上げてはいるが、ソフト面から「速読」のノウハウを重点的に説明したもの。このような観点からすれば、速読を修得することは認識能力を高めることに繋がり、必然的に頭の動きもよくなる。それを速読の目的としている速読研究者は多いが、本書の著者は「読字障害」を克服した経験の持ち主であり、その説得性は特筆すべきものである。

    本書のような読者が速読を習得する理由としては「仕事」「学業」「資格」といったものを挙げることが多い。しかし情報収集が人間の本来的な活動であるとすれば、「文章を早く読む方法」はもっと幅広い需要があるスキルなのではないか。その方法論もまだまだ発展の余地を残しており数年後にはさらなる玉石混交となるように思う。

  • 速読がメインではなくて、いかに読んだ本を記憶するか。というのがテーマだった。今まで何冊か似たようなのを読んできたけれど、一番読みやすくてよかった。

  • 既に知っていて実践していた内容が多々あった。思い込みを捨てる,心構え,読書の効用,分散型読書,マズローの説の応用,読書の使い分け(概要把握と詳細把握と通読)などである。

    本書で得られたのは、次の二点。勉強をするときは、それを邪魔する要素を極力減らすことという教訓と、参考文献リストを見て新たな書籍を渉猟できたことである。

  • 自分の本の読み方を変えるきっかけとなった。

全6件中 1 - 6件を表示

本がどんどん読める本 -記憶が脳に定着する速習法! (講談社+α文庫)のその他の作品

園善博の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイル ドーテン
スペンサー ジョ...
有効な右矢印 無効な右矢印

本がどんどん読める本 -記憶が脳に定着する速習法! (講談社+α文庫)はこんな本です

本がどんどん読める本 -記憶が脳に定着する速習法! (講談社+α文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする