<図解>配線で解く「鉄道の不思議」 中部ライン編 (講談社+α文庫)

著者 : 川島令三
  • 講談社 (2013年1月22日発売)
2.80
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :16
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062815017

作品紹介

全国・全路線の鉄道配線を紹介する唯一の書籍として、ファンから熱狂的な支持を受ける『図説日本の鉄道』シリーズの、特集ページを再編集した文庫オリジナル版。配線図からわかる鉄道のミステリーを、豊富なカラー写真とともに著者ならではの洞察、分析で解き明かしていきます。第2弾は「中部ライン編」。JR中央線・信越線・北陸本線にスポットを当て、膨大な取材データをもとに、その歴史と謎に迫ります。

<図解>配線で解く「鉄道の不思議」 中部ライン編 (講談社+α文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今度は「中部ライン」を取り上げてゐます。著者によると、中部ラインとは「東京駅を起点に中央線に沿って進み、上信越線、北陸線を経て東京駅にターンするルート」ださうです。

    第1章は「発掘・発見!知られざる鉄道 歴史とミステリー」。
    川島氏の読者なら、「ウム、この話はどこかで読んだぞ」と思ふ項目が多いかも知れません。それでも、新宿駅の歴史や、北陸線旧線跡の話などは一読の価値はあるでせう。
    わたくしも日本の鉄道にはほゞすべて乗つてゐますが(テツぢやないけど)、全ての路線で血眼になつて車窓をチェックしてゐたわけでもなく、当然見逃してゐた箇所も多多ございます。
    地元の名鉄や愛環などは、おほむね見所は押さへてゐる心算ですが、それ以外の地域ですと、やはりかういふ書物は助けになるのです。

    第2章は「配線図を楽しむ 絶景・名所クローズアップ」。
    「美しき新宿駅の配線」によると、新宿駅周辺は超高層ビルが林立してゐるのに、駅を俯瞰できるビルは案外少ないらしい。あつても、一般人は立入禁止の箇所が多いとか。そんな中で、西武新宿駅ビル内にある新宿プリンスホテルは絶景が眺められるのださうです。まあ、態々見に行く機会は無いでせうが。
    他には、池袋駅界隈のトレインヴューや八王子駅界隈の鉄道遺構を紹介。首都圏の人達が羨ましくなる一冊と申せませう。

    「東海道ライン」と比較すれば、若干内容が薄いか、とも思へますが、それでも一般には解放されない鉄道を紹介したり、立入りできない場所からの写真を多く掲載して、それなりに配慮されてゐます。テツならば一応手元に置いても良いかと存じます。
    ぢやあまた。

    http://genjigawa.blog.fc2.com/blog-entry-714.html

  • 鉄道トリビアがたくさん載っている本。
    ただしマニア向け過ぎてついていけず。

  • 「横軽」は、本当に復活可能なのか?
    鉄道総合技術研究所の紹介が面白い。

  • この手の本には写真を大量に並べ立てるだけで、内容的に乏しいものが多く見受けられるが、
    本書は紹介する地域の全ての地図(配線図)が入っているので、同ジャンルの他書よりもかなりわかりやすくなっているように思う。

全4件中 1 - 4件を表示

<図解>配線で解く「鉄道の不思議」 中部ライン編 (講談社+α文庫)のその他の作品

川島令三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

<図解>配線で解く「鉄道の不思議」 中部ライン編 (講談社+α文庫)はこんな本です

ツイートする