箱根駅伝 勝利の方程式 7人の監督が語るドラマの裏側 (講談社+α文庫)

著者 :
  • 講談社
4.25
  • (5)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062815345

作品紹介・あらすじ

ダントツの優勝候補が不在と言われる今年。

昨年優勝の日本体育大は連覇できるのか?  
→別府健至監督
陸上界のスター、大迫傑選手のラストイヤーを迎える早稲田大学は? 
→渡辺康幸監督
設楽兄弟、服部兄弟、2大最強兄弟を抱える東洋大学は? 
→酒井俊幸監督
毎年優勝候補に挙げられながら勝ちきれない駒沢大学は?
→大八木弘明監督

そして、着任25年以上のベテラン、神奈川大学の大後栄治監督、外国人選手の育成と言えばの山梨学院大学の上田誠仁監督、シード落ちから6位まで上げてきた順天堂大学の澤木啓祐部長。

優勝に絡む有力監督による、選手の育成術、チーム作り、勝利への方程式。
箱根駅伝の裏側を語ってもらいました。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 順大の澤木監督にとても興味をひかれた。
    「今の指導者は検索すればなんでも情報が入手できる時代ですから、よく勉強しているとは思います。情報というより、知識量ですね。ただ、そこから強化にどう結びつけていくかという部分は、指導者としての『眼力』が問われます。情報と眼力、これが調和してこそ、本当の形によってなるんじゃないでしょうか」
    神大/大後監督
    「コーチという言葉の語源は『四輪馬車』のことで、本来の意味は『目的を持つ人を運ぶ』ということなんです。お客さんを目的地までお連れする。もちろん行き先はお客さんが決める。ですから、まず選手がどこを目指しているのかを聞いて、そこまで彼らを連れていくのが、本当の意味でのコーチの役割なんです」
    東洋大/酒井監督
    「いまの時代、メールやlineだと選手の内面に入っていけるチャンスもあるんです。とても対面では引き出せないようなことも、メールだと可能になったりするんです」
    内向的になる学生に対して逆転の発想。

  • 早大、東洋大、駒沢大、神奈川大等の箱根駅伝強豪校(&急成長先)の監督のマネジメント手法、工夫等は興味深し。
    (例:名門高校出身の新入生のプライドをへし折るなど)

  • 過去の修正版だけど、加筆で東洋の酒井監督にインタビューしてくれたおかげで大変興味深いものになってた。酒井監督は選手との連絡ツールにメールを使っているらしく、そういう内部の日常を垣間見れるのはファンにとっては嬉しいもの。
    個人的には大後監督の主務話もマニア心をくすぐりました。
    次回は原監督も載せていただきたい←希望

  • 【No.11】読了。

  • 大八木監督がさらに好きになる!
    他大も応援しようと思えるようになる!
    大学駅伝ってやっぱり素晴らしい\(^o^)/笑

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1967年生まれ。スポーツライター、ジャーナリスト。
早稲田大学社会学部卒業後、博報堂勤務を経て、スポーツライターに。国内外を問わない取材、執筆活動のほか、ラジオパーソナリティとしても活躍。NHK-BSのスポーツニュースのキャスターも務める。

著書には『駅伝がマラソンをダメにした』(光文社新書)、『スポーツを仕事にする!』(ちくまプリマ-新書)、『愛は負けない 福原愛選手ストーリー』(学研)、『箱根駅伝』『箱根駅伝 新ブランド校の時代』(以上、幻冬舎新書)、『箱根駅伝 勝利の方程式』(講談社)などがある。

「2014年 『箱根駅伝 勝利の名言 監督と選手34人、50の言葉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

箱根駅伝 勝利の方程式 7人の監督が語るドラマの裏側 (講談社+α文庫)のその他の作品

生島淳の作品

ツイートする