偶然完全 勝新太郎伝 (講談社+α文庫)

著者 :
  • 講談社
3.75
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062816281

作品紹介・あらすじ

こんな痛快な男はもうどこにもいない。
「大統領や首相の代わりはできるけど、勝新の代わりは誰ができるんだ?」
「今後はパンツをはかないようにする」
「俺としゃぶしゃぶか? 一つ“シャブ”が多いんじゃないか?」
脚本を破壊し、役柄に自らを同化させることを是とした名優、勝新太郎。
彼の最後の「弟子」が描く、「最後の役者」勝新の真実とは。
――みんな勝新が大好きだった!

巨大なベンツで夜ごと銀座に繰り出し、一見怖いけど本当は人懐っこくてやさしい昭和の大スター、1931年11月29日生まれの勝新太郎は、2016年、生誕85年という節目の年を迎える。
著者は、かつて『週刊ポスト』に連載されていた勝新による人生相談の担当編集者で、晩年の勝新と濃密な時間を過ごした最後の「弟子」。

「映画よりもおもしろい人生を歩んだ勝新太郎をもっと知ってほしい」 「この生き様こそ、勝新太郎の最大の作品ではないか」……かねてからこんな思いを抱き、勝の最後の「弟子」を自任する著者が、多くの関係者に取材を重ね、新たなエピソードを次々と発掘。豪傑を絵に描いたような人間・勝新太郎の「素顔」に迫った単行本を加筆・修正して文庫化。

文庫版だけに、プロインタビュアーでプロ書評家の吉田豪の解説を収録!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 自分はその兄・若山富三郎の殺陣や身のこなしが好きだが、それでもやはり勝新太郎はスゴイ(若山・勝の兄弟は濃すぎる!)。著者は雑誌の連載で勝新太郎と縁を結ぶが、これは人生を変えるほどの縁だと思う。ウラヤマシイ。
    芝居以外のことでマスコミにとりあげられるケースが多かったので、そちらばかりに目が行きがちだが、正当な評価がなされていない役者の1人が勝新太郎だろう。
    横山やすしもそうだったが、マスコミは騒動を起こす芸人を上から目線で目くじらたてたり、おもしろがったりおもちゃにするだけで、彼らが死ぬと残念がるが、彼らの仕事に対して敬意を表したり讃えることはない。

    まぁ、比べちゃいかんのだろうが、最近の俳優(特に若手)の生命力のなさ、存在感のない薄っぺらさはなんだろう……仕事にすべてを賭けている役者、実力も生命力も芸の幅もある役者は今後もう出ないだろうなぁ。

  • 文庫化に伴い、再読。
    「顔役」を見たがセリフ等がさっぱりわけがわからなかった。

  • 勝新太郎の映画と私生活のエピソードを書けば面白くないわけがない、と思われるのは著者にとって損なことだろう。そんな予断を持って読み始めたが、やっぱり面白い。日本映画ファンを自称する自分としては、勝新太郎映画をあまり見ていないのはお恥ずかしいのだが、それに加えて、テレビをほとんど見ていないので、晩年のテレビ映画の傑作と言われるものを何とか見なくてはと反省している。
    映画俳優の伝記としては、著者と勝新太郎との私的な関係のこともあってか、少し思い入れ過剰だと思われるのが残念である
    と言いつつも次は山城新伍の「おこりんぼ さびしんぼ」(積ん読状態だった)を読んでみようと思っている。

  • 「大統領や首相の代わりはできるけど、勝新の代わりは誰ができるんだ?」「今後はパンツをはかないようにする」「俺としゃぶしゃぶか? 一つ“シャブ”が多いんじゃないか?」脚本を破壊し、役柄に自らを同化させることを是とした名優、勝新太郎。彼の最後の「弟子」が描く、「最後の役者」勝新の真実とは。
    「映画よりもおもしろい人生を歩んだ勝新太郎をもっと知ってほしい」 「この生き様こそ、勝新太郎の最大の作品ではないか」……かねてからこんな思いを抱き、勝の最後の「弟子」を自任する著者が、多くの関係者に取材を重ね、新たなエピソードを次々と発掘。豪傑を絵に描いたような人間・勝新太郎の「素顔」に迫った単行本を加筆・修正して文庫化。
     
    文庫版だけに、プロインタビュアーでプロ書評家の吉田豪の解説を収録!

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1968年3月13日京都市生まれ。ノンフィクション作家。早稲田大学法学部卒業後、小学館に入社。『週刊ポスト』編集部などを経て、1999年末に退社し、ノンフィクション作家となる。著書に『CUBA ユーウツな楽園』(アミューズブックス)、『此処ではない、何処かへ 広山望の挑戦』(幻冬舎)、『W杯ビジネス30年戦争』(新潮社)、『楽天が巨人に勝つ日―スポーツビジネス下克上』(学研新書)、『W杯に群がる男たち―巨大サッカービジネスの闇』(新潮文庫)、『辺境遊記』(絵・下田昌克、英治出版)、『ザ・キングファーザー』(カンゼン)、『球童 伊良部秀輝伝』(講談社)、『維新漂流 中田宏は何を見たのか』『真説・長州力 1951-2015』(ともに集英社インターナショナル)などがある。早稲田大学スポーツ産業研究所招聘研究員。

「2015年 『偶然完全 勝新太郎伝』 で使われていた紹介文から引用しています。」

偶然完全 勝新太郎伝 (講談社+α文庫)のその他の作品

田崎健太の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
塩田 武士
三谷 宏治
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする