山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた (講談社+α文庫)

  • 講談社 (2016年5月20日発売)
3.48
  • (2)
  • (13)
  • (11)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :109
  • レビュー :11
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062816410

作品紹介

大反響!10万部突破の自伝が文庫化!

山中先生が初めて語った、「iPS細胞ができるまで」と「iPS細胞にできること」。
「ジャマナカ」と蔑まれた研修医時代、臨床医から研究者への転向、留学後にかかった「アメリカ後うつ病」、発見を認めてもらえないもどかしさ、熾烈な「ヒトiPS細胞」開発競争――そして、山中先生が見つめる再生医療の未来とは?
やさしい語り口で中学生から読める、山中先生の人生と科学の可能性!

山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた (講談社+α文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • iPS細胞のことは少し難しかったが、山中先生が苦労して研究を続けてきたことがわかった。
    山中先生が研究をマラソンに例えていることは、目標に向かって努力している人全員に通じることだなぁと思った。

  • 私はテレビをあまり見ないので、山中先生がどのようにしてiPS細胞発見に至ったか、全く知らなかったが、そのことがある程度分かった。
    それ以外には特記すべきことはなかったように感じた。

  • おぼろげながら山中伸弥さんの歩き方が分かった気がする。

  • 人工多能性幹細胞(iPS細胞)とは、ES細胞のように多くの細胞に分化できる性質/分裂増殖しても維持できる自己複製能力を持つ人工の細胞。ノーベル賞を受賞した山中教授によって作られた。
    本著は山中教授のiPS作成に至る道のりとインタビューで構成されている。
    多くの研究者同様に平坦な道のりではない中で、山中教授が成功したのは明確なビジョンにあったのでは無いか。

  • 学術的な話がメイン。

    参考になったのが、目標を定めてハードワークをすること。

    あと、山中先生は神のように完璧な人かと思っていたが、人生の節目節目をハッタリで乗り切ったりしているところに親近感を持てた。

  • 芦田愛菜ちゃんが読んだそうなので、読んでみた。
    IPS細胞とは何か。発見までどんなことがあったのかがわかりやすく描かれていた。

    個人的な発見だったのは、研究者のやっていることって僕たちサラリーマンと同じなんだと思った。
    まず大きな目標を立てて、それに達成するまでの細かい目標を決めるとか。KGIとKPI。戦略と戦術。

    仮説を立てて、それが正しかったのかどうか、実験で検証するとか。PDCA。

    最初は研究室に入ると、自分のやりたいことではなくて、上の人間の仮説を信じて実験して、目的を達成しようとする。
    それも縦リンクの戦略の落とし方とも似てる。

    大きな目標を達成するために、仮説を立てて実験する。
    これは、共通

  • ◆きっかけ
    テレビで芦田愛菜ちゃんが感銘を受けた本として紹介していて。9歳の時に読んで勇気づけられたそう。2017/5/22

  • 請求記号 463/Y 34

  • 理系を志し、研究者になりたい人は、読むと力がもらえる良書だと思われる。

全11件中 1 - 10件を表示

山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた (講談社+α文庫)のその他の作品

山中伸弥の作品

山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた (講談社+α文庫)はこんな本です

山中伸弥先生に、人生とiPS細胞について聞いてみた (講談社+α文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする