アラビア太郎 (講談社+α文庫)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 24
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (576ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062816830

作品紹介・あらすじ

その男、山下太郎は、満州で莫大な財産を築くも、敗戦ですべてを喪った。しかし、戦後復興の核心となる石油を欧米制に依存している現実を危惧し、69歳でアラビア石油を創業。世間から“山師”と揶揄されながら、中東で「日の丸油田」を見事打ち立てた――。日本近代興亡の中で成功と没落、再興を成し遂げた、忘れられた破格の豪傑・山下太郎を、『天皇の料理番』著者が描ききる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • アラビア石油創設者 山下太郎の一代記。
    満州で満鉄お抱えの政商として巨万の富を蓄え、敗戦後もしぶとく生き残りアラビア石油を立ち上げるという一世一代の博打に買った巨運の漢。
    アラブとの付き合いや交渉の出来るスケールの大きいほら吹きは一味違う。

全3件中 1 - 3件を表示

杉森久英の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
國重 惇史
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×