母六夜・おじさんの話 (21世紀版・少年少女日本文学館17)

  • 講談社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062826679

作品紹介・あらすじ

母への思慕を夢や幻想を交えて語った、大岡昇平の「母六夜」。おじさんとの交流を通して、新しい世界へ踏み出そうとする少年を描いた中野重治の「おじさんの話」。表題作のほか、梅崎春生、伊藤整、佐多稲子など、戦前戦後を通じて大きな足跡を残した五人の作家の十編を収録。

伊藤整の作品

母六夜・おじさんの話 (21世紀版・少年少女日本文学館17)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×