ふゆのゆうがた (講談社の翻訳絵本)

制作 : マンダナ・サダト  谷川 俊太郎 
  • 講談社
3.95
  • (6)
  • (6)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062830409

作品紹介・あらすじ

お母さんをまつあいだ、まどに絵をかいたらね…。心が温かくなる詩の絵本

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 冬の窓にお月様を描く、お母さんの帰りを待つ間に。

    暖かい詩の絵本。

    絵も可愛い。
    カラフルなおうちと、月がなんとも綺麗。

  • お母さんが戻ってくるまでの心細さ、お母さんが自分に向って帰ってくるうれしさが絵からあふれでています。

  • 日本にはない色使い。冬とは思えないほど鮮やかです。

  • 曇りガラスにお月様を描いてみる。お月様の向こうに、お母さんが帰ってくるのが見えた。お母さんが近づいてくるのに合わせて、絵を大きく大きく描いていく。お母さんに抱っこしてもらうまで。お母さんと私にぴったりな絵になりました。

  • 2012年1月10日

    <Tarde de invierno>
      
    装幀/望月志保

  • ある冬の日。
    お母さんの帰りを待つ女の子は、窓ガラスに絵を描いてその中から外を眺める。
    女の子がとても愛らしくて、子どもの頃を思い出させてくれる1冊でした。
    色使いもキレイ

  • 温かい絵と、
    柔らかい言葉と、
    綺麗な色

    子どもの愛と
    親の愛が
    重なり合って
    寒い寒い冬の夕方を包み込む




    短いけれど
    ぐぐっとくる
    何度も何度も読みたいし
    読んであげたいおはなしです

  • 作者 ホルベ・ルハンはアルゼンチン・コルドバ生まれ メキシコシティーに暮らす Jorge Lujan

    絵はマンダナ・サダト イラン人の父とベルギー人の母 Mandana Sadato

    子どもの好きな曇りガラスお絵かきから発想された素敵なストーリー

  • 絵がすごくきれいで、なんだかあったかな気持ちになる詩の絵本。ちゃんと表紙が曇ったガラスを手でぬぐったみたいな質感が出てて、いいんです。是非、本屋さんで手にとって見て欲しい。図書館だとカバーがはずされちゃうことがあるからねえ。訳は御大、谷川俊太郎さん。谷川俊太郎さんレベルになると、編集者の方から、いい本を持ってくるから、選び放題なんだろうなあ。

全9件中 1 - 9件を表示

ホルヘ・ルハンの作品

ツイートする