ぼくたちの ピーナッツ (講談社の翻訳絵本)

制作 : 中川 ひろたか 
  • 講談社 (2013年10月24日発売)
3.56
  • (1)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 21人登録
  • 3レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062830706

作品紹介

ぼくのラッパだよ! ぼくの電話だよ! 
男の子と女の子、可愛いキャラクターが取り合いしているのは、小さな落花生。いろんな物にたとえながら遊んでいるうちに、とうとう、ゾウに踏みつけられて……。

 カラフルで、楽しいデザインが印象的な本書。シンプルながら勢いのあるキャラクターで、2歳ごろの小さい子どもから親しみが持てる内容です。
イギリスでは既にシリーズ第二弾も刊行予定となっている人気の作品です。

ぼくたちの ピーナッツ (講談社の翻訳絵本)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • おもしろすぎる。奇抜すぎる!

  • ≪県立図書館≫

    ピーナッツ、楽しいね。
    取り合っているあたりが、かわいいね。
    ぼくのだ、わたしのだぁぁ

    最後は皆が満足できて、よかったね。
    ぞうさんに、スッポン!てのが、面白かった。

  • ピーナッツをとりあいしているのが、おもしろかった。
    わたしは、力をあわせてはんぶんこにしたらいい、とおもいました。

全3件中 1 - 3件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
よしなが こうた...
くすのき しげの...
岡田 よしたか
ジョン・クラッセ...
ユリ シュルヴィ...
谷川 俊太郎
川端 誠
山田 三郎
マージェリー カ...
エレン・スラスキ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ぼくたちの ピーナッツ (講談社の翻訳絵本)はこんな本です

ツイートする