ぼくたちの ピーナッツ (講談社の翻訳絵本)

制作 : 中川 ひろたか 
  • 講談社
3.33
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (36ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062830706

作品紹介・あらすじ

ぼくのラッパだよ! ぼくの電話だよ! 
男の子と女の子、可愛いキャラクターが取り合いしているのは、小さな落花生。いろんな物にたとえながら遊んでいるうちに、とうとう、ゾウに踏みつけられて……。

 カラフルで、楽しいデザインが印象的な本書。シンプルながら勢いのあるキャラクターで、2歳ごろの小さい子どもから親しみが持てる内容です。
イギリスでは既にシリーズ第二弾も刊行予定となっている人気の作品です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 3.4歳自分で選んだ
    ポップで分かりやすい絵柄、
    少ない文字

  • おもしろすぎる。奇抜すぎる!

  • ≪県立図書館≫

    ピーナッツ、楽しいね。
    取り合っているあたりが、かわいいね。
    ぼくのだ、わたしのだぁぁ

    最後は皆が満足できて、よかったね。
    ぞうさんに、スッポン!てのが、面白かった。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

サイモン・リカティー
物心ついた頃からイラストやキャラクターを描きはじめる。ロンドンの芸術大学でイラストを学び、コミュニケーションアート・デザイン修士課程を卒業。『Peas!』(絵・アンディ・カレン/2009年)など著書多数。

「2013年 『ぼくたちの ピーナッツ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする