木の中の魚 (文学の扉)

  • 17人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 中井 はるの 
  • 講談社 (2017年11月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (290ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062832441

作品紹介

アリーは6年生の女の子。読み書きができないことを隠すために、わざと変な行動をとってしまう。自分に自信がなく、学校では頭も行いも悪い子だと思われている。友達もなく、いつもいじめられがちなこともあり、7年間毎年転校して7つの学校へ行っている。
アリーの読み書き障害と、それ以外の学習能力の高さに気がついた新任のダニエル先生は、アリーに特別な方法で読み書きを教え、アリーもそれに応えて文字を少しずつ覚える。また、同じくクラスのマイノリティだった天真爛漫な黒人の少女と変わり者の天才少年と出会い、型破りな3人組はいじめにも立ち向かう。先生の熱意と素晴らしい友情、家族の愛にも助けられ、アリーは自信を取り戻していき……。


もしも魚が、木に登る能力で判断されたら、落ちこぼれになるに決まっている──

ひとりひとり違うからこそ素晴らしい、と理解し仲間と尊敬し合うことで、誰もが自信を持って輝けると教えてくれる感動作。
シュナイダー・ファミリー・ブック・アワード受賞のほか、グローバル・リード・アラウド・チョイス、SLJベストブック受賞。

木の中の魚 (文学の扉)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「もしも魚が、木に登る能力で判断されたら、落ちこぼれになるに決まっている」仰言る通りだわ、、、

    講談社のPR(本が好き!近刊情報サーチ)
    ひとりひとり違うからこそ素晴らしい、と理解し仲間と尊敬し合うことで、誰もが自信を持って輝けると教えてくれる感動作。
    シュナイダー・ファミリー・ブック・アワード受賞のほか、グローバル・リード・アラウド・チョイス、SLJベストブック受賞。

全1件中 1 - 1件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

木の中の魚 (文学の扉)はこんな本です

ツイートする