パーフェクト・ワールド What a perfect world!Book.10 Ten Commandments~十戒~ (講談社BOX)

著者 :
  • 講談社
2.86
  • (0)
  • (1)
  • (11)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :36
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062836425

作品紹介・あらすじ

最終章(フィナーレ)へのトビラ
「ワンネス」へと導かれるエース。そして、仲間たち。選ばれし「運命の13人」、ここに集う!

「もう、認めよう……。これは運命だ」
最凶の敵との死闘を乗り越えたかに見えたエースは、逃れられない宿命――「死の十字架」を背負わされる。存在しない男“Zero”の導きで、「ワンネス」の<闇儀式(イニシエーション)>に決死の覚悟で挑むエース。次々と集結する「運命の13人」。金髪の美青年「レイモンド・クオーツ」禁断絶句の最後の秘密が明かされる時、「ワンネス」への真実(みち)が拓かれる!
衝撃の12ヵ月連続刊行企画“大河ノベル”第10弾!

物語を読むだけで、“英語”と“京都”と“運命”の達人に!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久しぶりに続きを読んだ。
    今回の英語はメールでの表現、待ち合わせの会話など、英会話の基本的な部分をかっちりおさえている。なるほどそう言えばいいのかーとか、ああ、これとそれはそうニュアンスが違うのかーと結構楽しく読みました。
    ストーリーもいよいよ佳境だな。レイに関してはなんか話が二転三転しててもうちょっとどうにかならんかったかな…と思う

  • 流水作品の魅力は強引な風呂敷の閉じ方(?)です。今回ももしや・・・と暗雲立ちこめ始める巻。急展開すぎるだろこれ・・・。

  • 最凶の敵との死闘を乗り越えたかに見えたエースは、逃れられない宿命――「死の十字架」を背負わされる。
    存在しない男 Zero(ゼロ) の導きで、「ワンネス」の〈闇儀式〉に決死の覚悟で挑むエース。次々と集結する「運命の13人」。金髪の美青年「レイモンド・クオーツ」禁断絶句の最後の秘密が明かされる時、「ワンネス」への真実が拓かれる!
    面白くない(゜□゜||)

全3件中 1 - 3件を表示

清涼院流水の作品

パーフェクト・ワールド What a perfect world!Book.10 Ten Commandments~十戒~ (講談社BOX)に関連するサイト

パーフェクト・ワールド What a perfect world!Book.10 Ten Commandments~十戒~ (講談社BOX)はこんな本です

ツイートする