傷物語 (講談社BOX)

著者 :
制作 : VOFAN 
  • 講談社
4.16
  • (875)
  • (660)
  • (474)
  • (28)
  • (7)
本棚登録 : 5813
レビュー : 458
  • Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062836630

作品紹介・あらすじ

「120パーセント趣味で書かれた小説です。」――西尾維新

高校生・阿良々木暦は、ある日、血が凍るほど美しい金髪の吸血鬼と出遭ってしまった……!?彼女がいなければ、“化物”を知ることはなかった――『化物語』の前日譚は、ついにそのヴェールを脱ぐ!『化物語』で大好評を博した台湾のイラストレーター“光の魔術師”ことVOFANとのコンビ再び!西尾維新が全身全霊をかけて描く、これぞ現代の怪異!怪異!怪異!

青春は、いたみなしでは過ごせない。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 化物語ファンなら読んで損はない。
    読む前よりもずっと忍が愛おしくなった。

  • アララギ君とキスショットが出会う話。化物語を見て、かなり気になっていた。とりあえず、忍野メメがかっこいい!何者だあいつは!

  • 終結すべき地点を何度も飛び越えてのこの終焉。

  • 全てはここから始まる!『化物語』前日譚! 全ての始まりは終業式の夜。阿良々木暦と、美しき吸血鬼キスショット・アセロラオリオン・ハードアンダーブレードの出逢いから――。『化物語』前日譚!!

  • 化物語から数か月前の、阿良々木くんと吸血鬼のおはなし。
    とにかくもう羽川翼さんへの愛を再認識した一冊だった。
    えっえっ、阿良々木くんはなんで羽川さんと付き合ってないの?こんなにいい子でかわいくてエロい羽川さんとなんで付き合ってないの??
    最終決戦の前にパンツくれるという発想がすごい…羽川さんけっこんして!!

  • シリーズで一番好きです。
    映画化が待ち遠しい。

  • まさかの展開に夢中になって読んだ。バランサーとしての忍野は徹底して中立だった。どうして三人の吸血鬼ハンターがおとなしく暦と対戦したか…暦が人間に戻るにはキスショットの死が必要だから。自殺希望のキスショットを生かす事を選んだ暦は恨まれても然りかな。キスショットの覚悟と暦の覚悟が面白かった。翼が居なければ…という気持ちが残る。居なければハッピーエンドだったのでは?それぞれの願いは叶うから。キスショットは死に暦は人間に戻る…。「俺はお前を助けない」暦はキスショットの死を許さなかった。

  • みんなが不幸になる物語でした。

  • 学園怪異譚の<物語>シリーズ第2弾。

    前作「化物語」の前日譚であり、始まりの物語です。
    みんなが不幸になるバッドエンディングというものの、いい見方をすれば三方一両損的な思いやりの決着だと思います。
    前作ほど会話などがはじけていないので、トーンは落ち着いていて、いかにも前日譚、回顧譚という感じです。
    ある意味、これで完結しているともいえるので、この先のシリーズを読む予定は今のところ未定です。

  • 化け物語を読んだのがかなり昔なので(2年も前!)どうかなぁって思ってましたが、普通に読めちゃいました。最後の展開、予測できなかった・・・キスショット、切ないです(;_;)そしてものすごくアンハッピーエンドだった。読み終わったあとに悶々としてしまいましたorz もう一回化物語読みなおしたい気分。

全458件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

西尾 維新(にしお いしん)
1981年生まれの小説家、漫画原作者。立命館大学政策科学部中退。
2002年に『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』で、第23回メフィスト賞を受賞しデビュー。
主な代表作に、『クビキリサイクル』をはじめとした戯言シリーズ、『化物語』をはじめとした物語シリーズ、『刀語』などがある。

傷物語 (講談社BOX)のその他の作品

傷物語 (講談社BOX) Kindle版 傷物語 (講談社BOX) 西尾維新

西尾維新の作品

この作品に関連するサイト

傷物語 (講談社BOX)を本棚に登録しているひと

ツイートする