傷物語 (講談社BOX)

著者 :
制作 : VOFAN 
  • 講談社
4.16
  • (875)
  • (660)
  • (474)
  • (28)
  • (7)
本棚登録 : 5819
レビュー : 458
  • Amazon.co.jp ・本 (372ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062836630

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  西尾維新の物語シリーズのプロローグに当たる話で、最初に出版された『化物語』の前日譚(らしい)。アララギくんと羽川翼、そして吸血鬼キスショット・アセロラオニオン・ハートアンダーブレードの出会いの物語。

     ライトノベルはずいぶん久しぶりで、特有のライト(?)な文章に慣れるのに少し時間がかかったが、入ってしまえばぐいぐい引き込まれた。高校生男子の妄想っぷりが可愛かったり、委員長の中の委員長・羽川の出来すぎっぷりが突き抜けていたり、キスショットのしゃべり方が妙に似合っていたり(しかもあのしゃべり方には理由があるのだ!)。ふだん読んでいる小説と違うのは登場人物がことごとく「そんなやついねえよ!」という設定であることだが、そこは学園異能バトルだから仕方がないかもしれない。ストーリーもしっかりしているし、売れているだけのことはあるなあという感じ。『化物語』もいずれ読んでみたいと思う。

  • 暦と忍野メメ・忍野忍との出会い編。

    アニメだと、第一話の最初にザザッと、認識できるかできないかくらいの超スピードで流してた、血と戦闘シーンまみれのアレです。

    てか、忍野が心臓持ってるシーンは、映像にするとグロすぎると思う。。。

  • シリーズの中ではこれが一番好き。
    いまのところ。

  • 最高だった
    以外と羽川がエロくておもろい

  • 流石は西尾維新。
    私自身この「化物」シリーズが好きなので高評価です。

  • 初めて西尾維新を読んだ。
    正直文章がくどい。

    化物語シリーズのアニメを見て興味が沸き読んだらこれ2作目なのね。
    でも時系列的にはこっちが最初なのね。


    面白かったけど…阿良々木の葛藤にイライラ。
    君の招いた結果なのに…イライラ。


    化物語の前段階がわかったので良いです。

  • 化物語よりもさくさく読めました。戦闘シーンはあんまり好きじゃないんで飛ばし飛ばし。前作からの忍ちゃん(キスショット)の印象がとても変わりました。誰が悪いってわけじゃない話。この巻は主役の優しさからエゴが感じられました。でも中々キャラは好き。この巻から読み始めていたら、彼女は委員長さん以外考えられなかったと思う。吸血鬼と主役の関係はなんだか切ない。二人の結末が気になる。なにも変わらないかもしれないけど。

  • 前作よりもバトルより。掛け合いがほぼ委員長のみなので、だいぶ偏りを感じます。

  • たのしくよんだ。続き読みます。

  • 何故忍を殺さなかったのか、何故自分は人間に戻ろうとしなかったのか疑問

全458件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

西尾 維新(にしお いしん)
1981年生まれの小説家、漫画原作者。立命館大学政策科学部中退。
2002年に『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』で、第23回メフィスト賞を受賞しデビュー。
主な代表作に、『クビキリサイクル』をはじめとした戯言シリーズ、『化物語』をはじめとした物語シリーズ、『刀語』などがある。

傷物語 (講談社BOX)のその他の作品

傷物語 (講談社BOX) Kindle版 傷物語 (講談社BOX) 西尾維新

西尾維新の作品

ツイートする