四方世界の王 1 総体という名の60(シュシュ) (講談社BOX)

著者 : 定金伸治
制作 : 記伊 孝 
  • 講談社 (2009年1月6日発売)
3.32
  • (1)
  • (10)
  • (7)
  • (3)
  • (1)
  • 61人登録
  • 7レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062836951

作品紹介

大河ノベル2009
神話と歴史の一大スペクタクル、開演。
運命の2人が出会う時、壮大な英雄叙事詩(ヒロイックサーガ)の幕は上がる。

1つの天空に、3つの太陽は輝けない。

紀元前1800年。群雄割拠する東方の地(オリエント)。バービルムの書記学生・ナムルは、神の欠片(マルドゥークの1/50)を持つ謎の少女・シャズと出会い、大いなる戦乱の渦へ飲み込まれていく。壮大なる英雄叙事詩(ヒロイックサーガ)、始まりの刻(とき)は今――。

四方世界の王 1 総体という名の60(シュシュ) (講談社BOX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 3.5

    1つの天空に、3つの太陽は輝けない――。


    読んでいてわくわくしました。
    ただ小胞体の説明や、マルドゥークの欠片についての説明が少々わかりづらく、何度か読み返しました。
    そして前述しましたが、この巻はほんのプロローグに過ぎません。
    ですので、説明やキャラの描写が前に出ていて、そこまで大きな動きはありません。
    しかし、非常に魅力的な世界観で続巻をよんでみたくなりました。
    つぎもたのしみ。

  • 途中で投げました。

    オリエント特有の情景描写が少ないのに、オリジナル設定の解説だけが延々と続く(しかもつまらない…)のに堪えられませんでした。

    古代オリエントということで、かなり期待していたので残念です。

  • 古代バビロニアを舞台としたファンタジー.謎の少女・シャズの言動についていき難く,物語にのめり込めない.これからといった感じ.

  • メソポタミア文明のお話かな。
    アラビア系のお話を読んだのは初めてです。

  • 今まで読んだ中で一番古い時代の話かも

  • 2009/01/10読了。
    古代オリエントだと〜〜〜!?と興奮して、勢い余って購入してしまった、この本。
    1000円もしたのに、中身はホントのペーパーバック…。普通に新書ノベルじゃいかんのか?講談社という、みんなが思っていることはおいといて。

    設定自体はおもしろい。
    所謂、「魔術」の設定も、独特であり、文化人類学の香りすらする高度なものである。
    地の文も、なかなか砕けてないし、心情描写も読み応えのあるところはあるのだが。

    ラノベの要素いれました☆みたいなキャラクター設定と会話はなんとかならないもんだろうか。
    文体からすると浮いてるし、たぶん、ラノベ「要素」としていれてるんだろうな〜という感じが丸わかりの人物設定には、少々苛々した。

    この内容からすると、もっと硬派にキャラクター書いても良かった。
    本格幻想戦記を期待していたところからすると、すこし期待はずれな部分がある。
    講談社BOXというまがりなりにもラノベレーベル以外から出版するのだから、もう少しターゲット年齢をあげた書き方をしても良かったのではと思う。

    せっかくの世界観と文章とキャラクターがなんとなく打ち消し合っているところ、かなり残念である。
    なんといっても値段が1000円だから…。
    続刊を買うか考えるな〜

  •  いやぁ、おもしろかった。予想しない展開が読者を襲ってくる。そのスリルが楽しかった。
     ただ、読み終わって時間が経つと残るのはその印象だけ。
     個人的にちょっと文章のリズムが悪い感じがする。でも、もしかしたらそれはあらかじめ準備されたものかもしれない。
     でも確かに欠片保有者の今後の行動、ナルムとシャズの行動は気になる。
     これは第一巻。これからの展開に期待です。

全7件中 1 - 7件を表示

定金伸治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

四方世界の王 1 総体という名の60(シュシュ) (講談社BOX)に関連するサイト

四方世界の王 1 総体という名の60(シュシュ) (講談社BOX)はこんな本です

ツイートする