Classical Fantasy Within 第七話 アル・ヴァジャイヴ戦記 再生の女神、アイラ (講談社BOX)

著者 :
制作 : 士郎 正宗 
  • 講談社
2.92
  • (1)
  • (2)
  • (7)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 39
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062836968

作品紹介・あらすじ

アル・ヴァジャイヴ戦記ついに完結(フィナーレ)。
超弩級のファンタジー・ワールド×余人の想像を絶する超展開の第2部!

島田荘司史上空前のスケールで描かれた[アル・ヴァジャイヴ戦記]ついに完結(フィナーレ)。

残った仲間は、わずか数騎――。この地上で最悪の土地、アル・ヴァジャイヴ横断行の最中、サラディーンを発ったショーン・マスードら王室守備隊の千騎は奮闘虚しく次々に潰えていく。犠牲と苦難を乗り越え、前代未聞の謎解き(ミステリ)の果てに手に入れた、「遠い未来の機械」の力を借りて、刻一刻と迫り来る救国のタイム・リミットと闘うショーンは、踊り子サミラへの愛に徐々に目覚めていくが――!?島田荘司が満身の情熱を以て描ききるCFW第2部、ついに完結(フィナーレ)!

“ゴッド・オブ・ミステリー”こと島田荘司があの士郎正宗とタッグを組み放つ、全12巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ”Classical Fantasy Within 第七話 アル・ヴァジャイヴ戦記 再生の女神、アイラ”島田荘司著 講談社BOX(2009/01発売)

    ・・・第二部”アル・ヴァジャイヴ戦記”完結編。王室守備隊の決死行の最終局面。
    ざっぱで予想できる内容でしたが、その中でもピンチも多く興奮させられました。
    でもエンディングについてはもう少し余裕が欲しかったなぁー(笑)

  • 第二部完結。次は欧羅巴が舞台みたい。どんな繋がりになるんだろう。まだ完結していないので、全体像がわかるのは先かぁ。

  • あまりにも「?」の多すぎる第二部だった。

    正統派?ファンタジーの展開からすれば、どんなに危機が訪れようと誰かが目的を達成するし、それは主人公である可能性が非常に高いのは誰にでも想像がつく。
    つまり、結果が予想のつく中で、その過程をどれだけ楽しませることができるか、が大事だと思うわけだ。
    その点、この短さの割りに面白かったと思う。

    ただ、突如表れる機械世界とか、「遠い未来の機械」とか、再生の女神が……とか、あまりにも分からないことが多すぎる。
    これ、一体どうまとまるんでしょう。

  • 未完結のため未評価。次はいつ出るんだぁ~!

  • どうしよう・・・つまんない・・・

  • (2009.2)

  • 2009/01/14読了

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

1948年、広島県生まれ。武蔵野美術大学卒。
1981年、『占星術殺人事件』でミステリー界に衝撃的なデビューを果たして以来、累計600万部に達した名探偵・御手洗潔シリーズや、刑事・吉敷竹史のシリーズを中心に数々の傑作、意欲作を発表。
2008年、日本ミステリー文学大賞を受賞。
「ばらのまち福山ミステリー文学新人賞」の立ち上げ、選考を務めるなど、新たな才能の発掘と紹介にも積極的に取り組み、名実ともに現代本格ミステリーの旗手となっている。
近著に『アルカトラズ幻想』(2012年 文藝春秋)、『星籠の海』(2013年 講談社)、『幻肢』(2014年 文藝春秋)、『新しい十五匹のネズミのフライ ジョン・H・ワトソンの冒険』(2015年 新潮社)がある。

島田荘司の作品

ツイートする