うみねこのなく頃にEpisode2 下 (講談社BOX)

著者 :
制作 : ともひ 
  • 講談社
3.65
  • (8)
  • (10)
  • (8)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 118
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062837354

作品紹介・あらすじ

あなたも魔女の家具になってみない……??「赤字システム」完全再現!

いよいよはじまる魔女の手番。
『ひぐらしのなく頃に』の竜騎士07からの宣戦布告、本格始動!!
「……ねぇねぇ、どこがいい?どこを貫いてほしい?」

1986年10月、あの忌まわしき“六軒島大量殺人事件”が再び繰り返されようとしていた。魔女の存在を否定するため、右代宮戦人(うしろみやばとら)は黄金の魔女ベアトリーチェと一騎打ちのゲームに挑む!魔女の仕業としか思えない絶対的不可能犯罪を戦人はいかに「人間とトリック」で論理的に証明するのか!?一方ベアトリーチェは想像を絶する新ルール「赤き真実」を提案し、戦人を窮地に追い込んでいき……!?

※本書は、2007年発表の同人ゲーム『うみねこのなく頃に Episode2』のシナリオをもとに著者である竜騎士07氏自らが全面改稿し、小説化したものです。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 魔女と戦人との対決赤字システムがわかりやすい。

  • うーむ、怖くなってきました。オカルトかミステリか、ありとあらゆる伏線と怪しむべき要素などなど注目すべきところはあまりに多いのですが。やはりネックは、親しい人間の中での疑心暗鬼の怖さ、これに尽きます。これってクローズドサークルの醍醐味でもあるのですが。恐ろしいし、悲しいなあ。

  • アニメではベルンとラムダの励ましシーンがカットされてたのね。

  • エピソード2。1とは微妙に設定が違い、また楽しめました。すっかりはまってしまいました。3も楽しみ。

  • やっと、やっと読めた…。
    アニメ派なので、EP2はすでに鑑賞し終わっていたので、どういう話かはわかっていた。
    やっぱりアニメは細かい描写が省かれていたりするから、
    小説で改めて読み直すとこんな話なのだなってことがよくわかります。

  • ベアトかわいいよベアト

  • 楼座・・・・・・無双。

全7件中 1 - 7件を表示

竜騎士07の作品

うみねこのなく頃にEpisode2 下 (講談社BOX)を本棚に登録しているひと

ツイートする