傾物語 (講談社BOX)

著者 : 西尾維新
制作 : VOFAN 
  • 講談社 (2010年12月25日発売)
3.98
  • (358)
  • (411)
  • (287)
  • (37)
  • (6)
  • 本棚登録 :3672
  • レビュー :295
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062837675

作品紹介・あらすじ

100パーセント修羅で書かれた小説です……。――西尾維新

“変わらないものなどないというのなら――運命にも変わってもらうとしよう”
迷子の小学生・八九寺真宵(はちくじまよい)。阿良々木暦(あららぎこよみ)が彼女のために犯す、取り返しのつかない過ちとは――!?
<物語>史上最強の2人組(ツーマンセル)が“運命”という名の戦場に挑む!
これぞ現代の怪異! 怪異! 怪異!
君の影、探してまよう帰り道。

傾物語 (講談社BOX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • “変わらないものなどないというのなら―運命にも変わってもらうとしよう”。迷子の小学生・八九寺真宵。阿良々木暦が彼女のために犯す、取り返しのつかない過ちとは―!?“物語”史上最強の二人組が“運命”という名の戦場に挑む。

  • “「……待てよ。本当に厳密なことを言うなら、お前が僕の影に封じられペアリングされる前から、つまり春休みの段階から、僕とお前ってセット化のみされているわけだよな。で、そもそもはお前から僕へのセット化のみだったわけだ。最初はお前が僕の主人で、僕がお前の従僕だったんだから。つまり、今、お前が僕から影響を受けているように、春休みは、僕はお前から影響を受けていた。じゃあひょっとして、僕のクールキャラが春休みから崩れたのって」
    「ぎくっ」
    「ぎくって言ったか、今!」
    シリーズが続いたせいで、思わぬ事実が明らかになった。”[P.46]

    君の影、探してまよう帰り道。

    “「たったひとりの人間には世界を変えることは難しいが、世界を傾けるくらいなら、できなくはないのかもしれんのう」
    「世界とは言わずとも、物語くらいなら、誰にだって傾けられるだろ」
    「傾物語か」
    「この場合、傾くのは僕達だけどな」
    「この格好つけが」
    「否定はしねーよ」
    「かかか。お前様、そして傾くというのなら、どう傾く?」
    「そうだな。まあとりあえず、目の前の女の子のために世界を傾けてみるか」
    「世界と女の子を天秤にかけて、女の子を選ぶという奴か。今時じゃの」
    「もう古いよ」
    「かかか」
    「世界も救って、女の子も救う。そんな強欲さこそが今時のヒーロー像だろ」
    「じゃな」”[P.314]

  • 今度は八九寺を救うためにタイムスリップして大変なことになる。戻ってみればみんな吸血鬼になんて誰がそんなストーリー展開を予想しただろうか。実はタイムスリップではなくてパラレルワールドにすっべっただけで、何とか元に戻れた訳だが、今回は忍まで暦に対して愛の告白をしてしまった、暦ばかりがなぜもてる。

  • まよいちゃんがタイトルであり、話の軸もまよいちゃんだけど、あららぎくんと忍ちゃんの親睦が深まったというのがメインだった気がする。でもやっぱりあららぎくんにはまよいちゃんが必要なんだなと感じた。

  • セカンドシーズンは猫物語(白)からだったのか。勘違いしてこちらから読んでしまった。てっきり八九寺真宵の話かと思いきや、ほとんどが暦と忍の会話劇だった。もちろん話の軸は八九寺に関することなのだけれど、八九寺が登場するのは未来ヴァージョンを含めても僅かだったので、肩透かしを食らったような気分だ。でも結局この二人の会話劇は予想以上に面白かった。シリーズを通して分かったことだがサブタイトルはあまり関係ないみたいだ。真宵キョンシーでは忍野忍が活躍し、忍タイムはむしろ真宵のためにある回だし、ひたぎエンドは貝木泥舟が活躍する。期待は裏切られても期待以上に面白い。それがシリーズを通しての感想で、それはまさに西尾維新の思惑通りなんだと思う。暦の語りがシリーズを通して少ないので、純粋に前シリーズ的な面白さでいうとこの回が一番かもしれない。

  • <物語>シリーズ、セカンドシーズン第2作。
    今回のテーマは『八九寺真宵の物語』のハズなのだが、
    暦と忍を中心に展開される物語から
    『忍の掘り下げを聞いたなぁ』という読後感を受けた。

    ifの世界、パラレルワールド(ルートX)の忍野忍は、
    暦を失ったことで自棄になり暴れるが…。
    ルートAの忍との対峙で見せた、ルートXの忍の表情から、
    一途に暦を求め焦がれる気持ちが伝わってきて、何だか・・・。

    女の子は大事にしてあげなきゃね、と思う作品でした。

  • かみまー

    まさかのタイムスリップ。何でもありなのか吸血鬼。
    すごく阿良々木暦らしい物語でした。幼女だらけだし、脱線だらけだし、やることなすこと裏目にでるし。
    八九寺の出番がもう少しあればいうことなしだったなあ。

  • 夢オチかw

    しかし大人になった彼女を見てみたいものだ。

  •  幼女物語。だって、出てくるのが八九寺真宵ちゃんに斧乃木余接ちゃん、そして忍野忍ちゃんなわけで。語り手は暦。夏休み最終日、『猫物語 白』の前日の話。今までで一番SFっぽくて、SFっぽいのが好みということもあって、面白かった。ちょっと感動な場面もあった。春休みの最後、暦の仕打ちは残酷に思えたが、時間がたって忍ちゃんが楽しげにしているのは嬉しい。
     パラレルワールドは古くて新しくて永遠の興味の対象だ。

  • 今回は意外にもSF風味だった。怪異っていうよりタイムトラベルものの冒険小説といったところか。
    しかし、真宵ほとんどでてこないじゃーん。題名に偽りありでは?
    そんなものより運命論とかタイムパラドックスとかなかなか古典的タイムトラベルものにもかかわらずほかのものと差が作れるのはさすがと思う。

全295件中 1 - 10件を表示

傾物語 (講談社BOX)のその他の作品

西尾維新の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西尾 維新
有効な右矢印 無効な右矢印

傾物語 (講談社BOX)に関連するサイト

傾物語 (講談社BOX)を本棚に登録しているひと

ツイートする