傾物語 (講談社BOX)

著者 :
制作 : VOFAN 
  • 講談社
3.97
  • (365)
  • (418)
  • (298)
  • (39)
  • (6)
本棚登録 : 3825
レビュー : 300
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062837675

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ライトに読めた。さすがライトノベルw
    時空物とはおもわず読み始め、ささっと
    終わりまで進めた。読みやすさ。
    良かったと思う。さっ、次、次!

  • 「鉄血にして熱血にして冷血の吸血鬼」

    昔の後悔をするんじゃなくて前を向いて進むしかない。

  • 時間旅行ネタまで出してくると怪異譚といいながら何でもありな様な気が…

  • 忍がたくさん。

  • まよいちゃん…!物語シリーズはバッドエンドが多いけれど、これは衝撃的だった。阿良々木くんとのやり取りがもう見られないのかと思うと残念。

  • アニメを見てから読んだので、大体の内容は知っていました。
    阿良々木さんの幼女のアバラ好きは軽くひきます。
    忍ちゃんの阿良々木さんへの想いが結構深いんだなぁ…というのが、小説の方が伝わりますね。

  • なんだか色々裏切られた気分。いろいろとツッコミどころが多い(というか主人公が突っ込んでくれてる)。もう慣れました。そんな所も好きです(笑)
    とりあえず、これだけは言っとく。「まよいねーさんかっけーっすわ!!」
    タイムワープ展開が来ちゃうとは。おどろき桃の木プラムの木ってなもんですよ。
    君の影、探して「まよう」帰り道。

  • 間の一冊が図書館になかったので、ひとつ飛ばし。

  • 阿良々木暦、高校3年生夏休み最終日、忍と共に時空を越える。
    謎の少女・忍野扇登場。
    『猫物語・白』では数日にわたって行方不明だった暦の、最初の半日~一日分ほどの冒険(本人にとっては数日分)が語られる。
    <残った謎>
    ・斧之木余接は何のためにこの街に再訪したのか

  • “変わらないものなどないというのなら―運命にも変わってもらうとしよう”。迷子の小学生・八九寺真宵。阿良々木暦が彼女のために犯す、取り返しのつかない過ちとは―!?“物語”史上最強の二人組が“運命”という名の戦場に挑む。

全300件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

西尾 維新(にしお いしん)
1981年生まれの小説家、漫画原作者。立命館大学政策科学部中退。
2002年に『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』で、第23回メフィスト賞を受賞しデビュー。
主な代表作に、『クビキリサイクル』をはじめとした戯言シリーズ、『化物語』をはじめとした物語シリーズ、『刀語』などがある。

傾物語 (講談社BOX)のその他の作品

傾物語 (講談社BOX) Kindle版 傾物語 (講談社BOX) 西尾維新

西尾維新の作品

ツイートする