傾物語 (講談社BOX)

著者 :
制作 : VOFAN 
  • 講談社
3.97
  • (365)
  • (418)
  • (298)
  • (39)
  • (6)
本棚登録 : 3824
レビュー : 300
  • Amazon.co.jp ・本 (356ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062837675

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 物語シリーズセカンドシーズン。八九寺が怪異となった世界と、そうならなかった世界を繋ぐのは、やはり暦と忍の絆ということか。タイムトラベルではなく、いわゆるタイムリープにより事故に遭うことなく成長した八九寺から受け取った忍野の手紙により真相が明かされるシーンはヤバイ。ルートAとルートXのキスショット同士の会話は、ちょっとした違いがここまで2人の運命を分けてしまったのだと思うとなんだか泣かせる。暦と八九寺のラストシーンの会話に救われる。2人が出会えて良かった。

  • アニメの先入観があるせいか。戯言多すぎだ... 内容は1/3位に削減できるなw 作者あとがきのトラウマ観には共感。

  • まよいの第2物語。今までの怪異とは全然違う作りにしてきましたが、こういう話にしても成立させられるものなんですね。主役がほとんど出てこないのですが、出てきたときはシッカリと役割を果たしてます。というかその瞬間を書きたいがための物語ですよね

  • 西尾さんの作品はセリフを読むものだと分かってはいるのですが…はじめの部分があまりにもぐだぐだ長くて疲れてしまったので、一旦積本にしてました。
    アニメになるということで完読しました。
    八九寺に関わると、こうなってしまった!の過程が意外と面白かった。(でも個人的には傷物語の方がわくわくして好きです。)

  • 真宵ファンの僕がめちゃくちゃ楽しみにしてたのに、完全に裏切られた!
    真宵はただの動機で、ほぼ暦と忍の物語。物語シリーズのシーズン2は戦闘シーンと本編が減って、どうでもいいやりとりがめっちゃ増えた気がする。

  • 夏休みの宿題をやってないからという理由でタイムトラベル。そこではちくぢを交通事故から救う。そしたら世界が滅んでいた…
    暦と忍の絆の物語。忍が家出をしてみつけてもらえなかったから世界を滅ぼす。嫉妬だろうか。
    お前が死んだら俺も死ぬとお互いが言っている、そんな絆
    xルートのキスショットと一戦あるのかと思えばなかった。ひたぎとの付き合いはもはや運命か。扇はこの巻では女

  • そうくるか、という話。
    2013/07/23

  • 好きな雰囲気だった。並行している世界が、この世界の他にもあるのだろうか。

  • 以下続刊。

  •  これは「ドラえもん」である。
     どこかで読んだことのある感触だったなぁと思ったら、タイムワープ、パラレルワールド、滅亡する世界、と、きっちりSFなのであった。

     全体の流れを見ると、これだけ番外編みたいな感じがする。
     番外編というか、伏線の補強というか……うまく云えないけど。

全300件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

西尾 維新(にしお いしん)
1981年生まれの小説家、漫画原作者。立命館大学政策科学部中退。
2002年に『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』で、第23回メフィスト賞を受賞しデビュー。
主な代表作に、『クビキリサイクル』をはじめとした戯言シリーズ、『化物語』をはじめとした物語シリーズ、『刀語』などがある。

傾物語 (講談社BOX)のその他の作品

傾物語 (講談社BOX) Kindle版 傾物語 (講談社BOX) 西尾維新

西尾維新の作品

ツイートする