ごあけん アンレイテッド・エディション (講談社BOX)

  • 15人登録
  • 3.17評価
    • (1)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 百壁ネロ
制作 : 櫻木 けい 
  • 講談社 (2014年5月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062838702

作品紹介

散町千々乃は、左前堂大学に入学したばかりの女子大生。血を見ると鼻血を噴出させてしまうという特異体質に悩みつつも、大学デビューを夢見ていた。しかし、入学早々、校門付近で鼻血を盛大にスプラッシュ。しかも、その鮮血を、通りがかりのイケメン先輩・含野うるての首筋へぶちまけてしまった。平謝りの千々乃だったが、うるては彼女を部室棟の一室に連れて行く。そして、その部屋こそ「残酷映画研究会」通称“ゴア研”と呼ばれる、スプラッター映画愛好家が集うサークルの部室だったのだ――。

ごあけん アンレイテッド・エディション (講談社BOX)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ライトノベルではないけど、ライトノベル枠で。

    ストーリー的にどう。とかは無いけど、やはり文体とキャラクターの勝利かな。と思う。

    ああ、こんな書き方もあるんだな。と新たな発見をさせてくれる一つ一つと、全員がなんだかハッピーだなと思わせてくれる展開と、マニアックなゴア解説にニマニマしてしまう。

    ただ、やはりゴアってマニアックなところが面白さを引き出しつつも王道とは遠くなってしまうんだろうな。と感じられる。

    多分、作者は映画の解説とかも面白いはずなので、一般映画をモチーフにした作品も書いてもらいたい。ねぇ。

  • 1,400円のラブコメ。
    それ以上でもそれ以下でもない。
    よっぽど財布に余裕があってスプラッター映画入門に興味がある人向き。
    600円ならこんなに腹も立たなかった。

全3件中 1 - 3件を表示

ごあけん アンレイテッド・エディション (講談社BOX)のその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ごあけん アンレイテッド・エディション (講談社BOX)はこんな本です

ごあけん アンレイテッド・エディション (講談社BOX)を本棚に登録しているひと

ツイートする