ササッとわかる「加圧トレーニング」健康法 (図解 大安心シリーズ)

著者 :
  • 講談社
3.15
  • (0)
  • (4)
  • (8)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 34
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (116ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062847087

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 腹筋などトレーニング→加圧トレーニング→15分後に成長ホルモンがピークに→2時間後に脂肪分解が最大に→その時間に有酸素運動

    加圧ウォーキング15分で効果がある
    加圧トレーニングで血中の酸素濃度が上昇する

    股関節のトレーニング=スプリット動作
    敏捷性のアップ=ラインをジャンプで飛び越える。左右、前後に10秒間。

    腕は5分脚は10分、週2回。同時には行わない。30分以内に食事をしない。ゆっくりした動作。

    足を鍛える=グーパー運動(足のグーパー)、トゥーレイズ(足先を上げ下げ)、カーフレイズ(かかとの上げ下げ)
    足を鍛える=太腿を上げる5秒間キープ、5~10セット。
    スクワット5~20回、カーフレイズ10~30回。

  • 両腕や両脚のつけ根を加圧ベルトで締め、腕や脚に血液をため込んでトレーニングする「加圧トレーニング」、面白そうだと感じました。加圧と除圧の繰り返しによる血流のコントロール、よさそうですね! 佐藤義昭 著「ササッとわかる加圧トレーニング健康法」、2007.9発行です。

  • 聞いたことだけはあった「加圧トレーニング」。
    豊富なイラストと図や表による説明がとても分かりやすい。
    あくまで健康増進を目的とした一般向けの内容でした。

    ・加圧により、トレーニング後に血流が良くなりホルモンの分泌が活性化。
    ・怪我や病気の治療にも役立つ。
    ・加圧していない部分にも好影響。
    ・必ず専用の器具を使用すること。

  • 腕と脚は別に。腕5分、脚15分以内。食後二時間、食後30分以内には食事しない。

  • 何点か、トレーニングをこぴーして、血圧計でつくったら、効果があったようで、足がぽかぽか。

  • この本を読んだところで、トレーニングが始められる訳ではない。
    パンフレットを買わされた気分。役に立つ事は殆どない。

  • ボディビルディングのため自ら開発したという加圧トレーニング。見開きで簡単に、なんにでも効用ある可能性をざっと示した(だけ)。

全7件中 1 - 7件を表示

佐藤義昭の作品

ツイートする