魔女館と謎の学院 (講談社青い鳥文庫)

  • 講談社
4.00
  • (2)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062850537

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久し振りに読んだシリーズ4冊目。
    最初はあかりの一人称語りのテンションが高くて辟易したが、読み進めるうちにだんだんと慣れていった。

    登場する物語は『アーサー王伝説』、『ガリバー旅行記』、『不思議の国のアリス』。

    イザベラたち魔法一家の人形もおじいさんとお姉ちゃんが加わって7体になり、ますます賑やかに。
    まだこの家族は出てくるのだろうか…。

    なんでもキッチリしている世界は窮屈かもしれないけれど、少し体験してみたいと思った。

  • あかり(主人公)が友達とショッピングをしていて
    きれいな女の人に出会った。
    その人はきれいな服を着ていて、聞いてみると
    私立の学校の制服で、あかりはその服に一目ぼれをして、
    その学校に行くと決意して猛勉強をするとろがいい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

児童書作家。京都市在住。手がけた本に、「魔女館」シリーズ(全6巻 CLAMP/絵)、「パティシエ☆すばる」シリーズ(刊行中 烏羽雨/絵)ほか(ともに講談社青い鳥文庫)。

「2018年 『パティシエ☆すばる 番外編 あこがれのウィーンへ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

魔女館と謎の学院 (講談社青い鳥文庫)のその他の作品

つくもようこの作品

ツイートする