素直になれたら・へこましたい! なにわのへこまし隊依頼ファイル (講談社青い鳥文庫)

著者 :
制作 : いのうえ たかこ 
  • 講談社
4.17
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062851381

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 5年生の女の子3人組が活躍するシリーズの8冊目、今回も2話収録。

    他校とのドッジボール交流試合で起きた事件を痛快な“へこまし”で解決する第1話、第2話ではフィギュアスケートのコスチュームをめぐり“へこまし隊”の友情にも危機がおとずれる。

    このシリーズ、どれを読んでも学校生活がみごとに描かれている。小学校のベテラン先生でないと見えないようなディテールがしっかりと書き込まれ、小学生の存在感があふれている。

    また、とりあげている題材─今作でいえばドッジボールとフィギュアスケート─をよく取材していて、こちらにもリアリティを感じる。

    「虹色定期便」「中学生日記」の脚本を書いていたという著者の経歴を知ると、それもむべなるかな。

    人気の一因はもうひとつ、“ひねり”にあるとみた。

    これがもし、珠代たちが書く文章なら、もちょっとひねりを入れる。
    詩のような表現をちらっと一滴たらすか、くすくすっと笑えるユーモアを三滴たらすか、どちらにしろ、こんな「連絡事項」みたいな文章にはならない。p.201

    “へこまし隊”の文章の特徴をあらわしたこのことば、シリーズの魅力にそっくりあてはまる。

    また、大阪の人情も横糸に織り込まれていて、あるところに挿入された「ビリーブ」(嵐じゃない方)のエピソードに、思わず涙腺がゆるんでしまったほど。

    高学年の女の子にひっぱりだこ。
    この書評を書きおえたらすぐに手渡す予約が入っている。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

作家・脚本家。福岡県生まれ。同志社大学文学部卒。フリーライターを経て、NHK大阪局主催・ラジオドラマ懸賞募集にて最優秀賞受賞、以後脚本家となる。脚本作に、「夜のコーラス」(ラジオドラマ、芸術祭作品賞)、「ラヂオ」(ラジオドラマ、芸術祭選奨)、「ええにょぼ」(朝の連続テレビ小説)、「中学生日記」「虹色定期便」(ともに教育テレビ)、映画「仔犬ダンの物語」「17歳旅立ちのふたり」など多数。青い鳥文庫では「予知夢がくる!」シリーズのほかに、ノンフィクション『タロとジロ―南極で生きぬいた犬―』『ヘレン・ケラー物語』がある。

「2018年 『ぼくはネコのお医者さん ネコ専門病院の日々』 で使われていた紹介文から引用しています。」

素直になれたら・へこましたい! なにわのへこまし隊依頼ファイル (講談社青い鳥文庫)のその他の作品

東多江子の作品

素直になれたら・へこましたい! なにわのへこまし隊依頼ファイル (講談社青い鳥文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする