安倍晴明は名探偵!!-タイムスリップ探偵団とずっこけ陰陽師の妖怪大パニックの巻- (講談社青い鳥文庫)

  • 講談社
3.77
  • (6)
  • (12)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 97
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062851411

作品紹介・あらすじ

推理作家のママが京都へ取材にいくというので、拓哉、亮平とともにくっついてきた香里。そこへ平安時代から、安倍晴明がタイムスリップしてきた。謎に包まれた天才陰陽師。小学4年生くらいの年格好だからといって、油断は禁物。安の定、さっそく呪文をとなえて周囲を驚かせるようなことをしでかすのだけれど、もっと大変なことが次々と起こることに!小学中級から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • チビ1号、移動図書館にて

  • APK48公式キャラクター【まゆ】がオススメする本ダヨッ!

  • 晴明くんや博雅、道満が現代に逆タイムスリップ。

    クイズは文頭を取るもののみ。


    最後は四神の怪獣バトルでハチャメチャ…。
    病原菌とかも出てきてどこの世界…という感じ。
    退屈だった…。

  • 香里、拓哉、亮平の前にタイムスリップしてきた安倍晴明。
    伝説の陰陽師の登場で、京都の街はたちまち一大騒動に。
    香里ママも入り乱れて、ますます事態は収拾不能!? 
    「タイムスリップ探偵団」シリーズ。

  • 探偵ものが好きなので、オススメで~す♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

  • 安倍晴明のキャラが好き。
    岩崎さんの絵もとても可愛い。

  • GO!GO!シリーズです(よく意味が分かっていない)。
    そういえばタイムは晴明の式神やった、と思い出しました。
    今回はテレビ局の人まで一緒にタイムスリップしちゃって…。
    てんやのわんやですな。
    相変わらず楽しいシリーズです。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1960年、福岡県生まれ。大学卒業後に歴史雑誌の編集者となったのち、『名探偵夏目漱石の事件簿』で第八回日本文芸家クラブ大賞受賞。講談社青い鳥文庫の「タイムスリップ探偵団」シリーズのほか、『新撰組 幕府を守ろうとした男たち』など、多くの著書がある。

「2021年 『ニッポン第1号ものがたり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

楠木誠一郎の作品

ツイートする
×