怪盗パピヨン steal2 -黒鉛の塔の秘密- (講談社青い鳥文庫)

著者 :
  • 講談社
3.90
  • (4)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062852067

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • “大きなあくびをしながら、ぼさぼさ頭をかいていた雅也が、奈那の存在に気づいた。
    「おっ。ナゾナゾもいるのか。」
    雅也の表情が、一瞬にして笑顔に変わる。
    笑うと、えくぼができ、とても人なつっこくなる。
    「ナゾナゾじゃないよ。桃園だってば。」
    「ははは。ま、どっちでもいいじゃねえか。」”[P.56]

    これ主要人物に色の名が入ってるのな……。

    “ドラグーンが、ほんとうに黒坂先生だったら、どういうことになるのか。
    奈那の脳みそは、ミキサーでかきまわされたように混乱してきた。
    それで、あいまいな返事しかできなかった。
    「パピヨンをつかまえることが、ミスクラの第一目標なのは、変わらない。だけど、これからは、ドラグーンに関するなぞもとかなくちゃいけないと思うんだ。」
    「うん。わかったわ。ドラグーンがマスクで顔をかくしているのも、パピヨンをつかまえようとしているのも、なにか理由があるはずだもんね。」
    もしかすると、パピヨンとドラグーン、いや、胡蝶先生と黒坂先生には、深い因縁があるのかもしれない。”[P.212]

全3件中 1 - 3件を表示

怪盗パピヨン steal2 -黒鉛の塔の秘密- (講談社青い鳥文庫)のその他の作品

関田涙の作品

ツイートする