徳川家康は名探偵!!-タイムスリップ探偵団と決死の山越え珍道中の巻- (講談社青い鳥文庫)

  • 講談社
3.79
  • (7)
  • (4)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 78
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062852258

作品紹介・あらすじ

本能寺の変で織田信長が明智光秀に討たれたとき、徳川家康は大坂の堺にいた。主君の敵をとろうと、すぐさま京都へ向かおうとした家康だったが、側近の者たちは押しとどめた。ここはいったん三河国へ戻って態勢を整え、戦の準備をしたほうがいいというのである。そこへタイムスリップしてきた香里、拓哉、亮平も加わって、領地へと戻るべく伊賀の山を越えようとするのだったが…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 家康が死なないかびくびくしてました。面白かったです。

  • 本の主人公の「遠山香里」と、「堀田亮平」と、「氷室拓哉」と、「徳川家康」が、いっしょに色々なことをする、話です。

  • 危機一髪!!

  • APK48公式キャラクター【まゆ】がオススメする本ダヨッ!

  • 今度は、徳川家康の伊賀越えに出くわす3人+1匹。

    将軍になる前の家康のことはよく知らないので、勉強をしながら読むことが出来た。
    どこまでが事実でどこまでが創作か分らない。
    穴山さんって本当に家康にそっくりだったのかな。

    最後の入れ替わりの入れ替わりの部分もややこしかった。
    けれど、その分頭を使えて楽しめた。

    目の前で家康(穴山)が殺されたのに、
    「家康さんが死んじゃった!」「歴史が変わっちゃう!」と心配している香ちゃん。
    確かに、それも大事かもしれないけれど、人が殺されているのに、この反応はいかがなものかと思ったり。
    確かに既に死んでいる人ではあるけれど…。

  • 徳川家康と穴山のぶ君が入れかわったりして、おもしろい。

  • 本能寺の変のあと、明智光秀を討とうとした徳川家康は、重臣のすすめで伊賀越えをして三河国に帰ろうとした。
    そこへ、タイムスリップしてきた香里たちと出会い…。
    「タイムスリップ探偵団」シリーズ。

  • 探偵ものが好きなので、オススメで~す♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

1960年、福岡県生まれ。大学卒業後に歴史雑誌の編集者となったのち、『名探偵夏目漱石の事件簿』で第八回日本文芸家クラブ大賞受賞。講談社青い鳥文庫の「タイムスリップ探偵団」シリーズのほか、『新撰組 幕府を守ろうとした男たち』など、多くの著書がある。

「2021年 『ニッポン第1号ものがたり』 で使われていた紹介文から引用しています。」

楠木誠一郎の作品

ツイートする
×