怪盗クイーン、かぐや姫は夢を見る (講談社青い鳥文庫)

  • 講談社
4.34
  • (71)
  • (49)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 619
レビュー : 56
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062852333

作品紹介・あらすじ

怪盗の美学にかなう、次なる獲物は、なんと日本!舞台は、竹取の翁の末裔が住むといわれる、秘境、竹鳥村。狙うは、不老不死の秘薬"蓬莱"だ。そんなおり、竹鳥村では、絶世の美女、春咲華代をめぐって、現代のかぐや姫騒動が勃発していた。探偵卿の仙太郎やヴォルフ、クイーンの命を狙う暗殺臣まで乗りこんできて、竹鳥村は大騒動!はたして、蓬莱を手にするのは、だれか…!?小学上級から。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 児童書とあなどるなかれ!
    “ちょっと前まで”私たちが持っていた煌びやかな夢と浪漫がココにある。
    快盗・・・もとい、怪盗クイーンの世界に酔いしれてみませんか?

    ハッピーエンドの「かぐや姫」あります。

    【長崎大学】ペンネーム:佐藤

  • クイーンってそんなに恐怖を感じる対象なの!?と目を白黒させながら読んだが、最後まで読んで納得。見事なミスリードだった。 ジョーカーは今までいろいろ嘘知識をクイーンに吹き込まれてたのに、純粋にそれを信じてしまうあたりがジョーカーらしい。今回はヴォルフもひどい目にあっていて心底同情。

  • ヴォルフと仙太郎が一番仲のいい回。最後のクイーンたちのおちゃらけと、山の歌を必死で歌い続けるジョーカーが好き。

  • 怪盗の美学にかなう、次なる獲物は、なんと日本!舞台は、竹取の翁(おきな)の末裔が住むといわれる、秘境、竹鳥村。狙うは、不老不死の秘薬“蓬莱(ほうらい)”だ。そんなおり、竹鳥村では、絶世の美女、春咲華代をめぐって、現代のかぐや姫騒動が勃発していた。探偵卿の仙太郎やヴォルフ、クイーンの命を狙う暗殺臣(アサッシン)まで乗りこんできて、竹鳥村は大騒動!はたして、蓬莱を手にするのは、だれか・・・!?

    今までのシリーズとはちょっと変わったクイーンとジョーカーがそれぞれ別行動で進む展開です。探偵卿チームはほんとコントでしかなくて笑いながら読める。ヴォルフちゃんはせっかく彼女になったローテさんに火だるまにされないよう気をつけてくださいw昔話をハッピーエンドにするという面白い設定だったんですが、結局華代がクイーンじゃなくてあの人物だった、というのにはちょっとSF要素強すぎた感はある。正直それじゃ何でもあり、になっちゃう。クイーンとかぐや姫でいったらやはりかぐや姫が強いということになるのかな?

  • ヴォルフと仙太郎がコンビ化、お馬鹿さも増している・・・。ヤウズ君にも出てきてほしいけどちょっと作風選ぶかなぁ。と思っていたら、後書きにて、作者の、話を面白くしようとする姿勢に脱帽です。

    歌う山男と堀越組の頑張りと、俺の嫁アテレコに笑えてしまいました。
    まさかの本物ですよ、こわあ。
    これまで多々読んできた中でも、割とトップレベルな殺し文句が出てきてやられました。児童書なのにさ!!

    かぐや姫をうけつつ、人外確定なのでしょうか、一体どんな理由でそんなことに、その願いに切なくなってしまいましたわ。

  • 怪盗の美学にかなう、次なる獲物は、なんと日本!舞台は、竹取の翁の末裔が住むといわれる、秘境、竹鳥村。狙うは、不老不死の秘薬“蓬莱”だ。そんなおり、竹鳥村では、絶世の美女、春咲華代をめぐって、現代のかぐや姫騒動が勃発していた。探偵卿の仙太郎やヴォルフ、クイーンの命を狙う暗殺臣まで乗りこんできて、竹鳥村は大騒動!はたして、蓬莱を手にするのは、だれか…!?小学上級から。,"いつものごとくネタバレバンザイw






    昨日、最新刊が発売されているのをしって購入してきて、いま読み終わりました。




    いやあ、読み応えばっちりですな!




    やっぱりクイーンの話って最後みんながほんわりできるところがいいよね。


    超人的な力って設定で、強引に終わらせちゃう。みんな幸せにしちゃう。






    個人的には仙太郎とヴォルフのコンビは大好きです。


    なのでツッコミどころ満載でも全然気にしないんだけど、コンビニで副業してる仙太郎を責める前に探偵卿のくせに殺し屋の彼女がいるヴォルフはずるいと思うよ。




    ああああでもヤキモチやいちゃうローテちゃんは可愛いので全部許すけど!



    ローテちゃんかわいい!まさか、あのあと本気で付き合っちゃうなんて意外でもないけどびっくりだわ!

    華代は俺の嫁www

    そのまま燃やされたついでに、プロポーズしちゃえばいいのにな!


    二人が幸せなワンシーンが見たい。


    ヴォルフの照れないラブ表現がすごい好きw

    幸せになるってわかってるけどやっぱり幸せなシーンが早くみたい。


    あとカゲロウの存在感のなさ。


    クイーンは世界中まわっているんだからそんなに復讐したかったら追いかけたほうが確実なのに。


    日本にまた来るのをまってたんなってww


    しかもやっと来たのに一人しか差し向けないとかww


    全員でかかれよw相手はクイーンだぞ!


    カゲロウ>ジョーカーでしょうか


    クイーン>>>>>>>>>カゲロウな感じ。


    まさかの社長だったけどね!なんでわざわざあんな簡単に自分の立場ばらしたんだろ。ページの都合かな?




    けど今回クイーンとしての活躍がすくなかったのが残念。


    もっとクイーン!!って感じで暴れてほしいです。


    とりあえず、怪盗クイーンの優雅なバカンスあたりが一番好き。




    ほんでまた、夢水探偵とのコラボもしてほしいです。


    あと探偵卿たちをもっと見たいw探偵卿すげー!ってなる人希望ですww




    次巻が楽しみだなぁ!

  • 久しぶりの赤い夢

  • 今度は現代のかぐや姫!?

    人物が多くて若干わかりにくい・・・。

  • ミステリ、ホラー、SF、なんでもありのエンターテイメント。
    しかし、ジュヴナイルミステリとして期待して買った子供は楽しめるかな・・・。

  • クイーンが『かぐや姫』の物語を『めでたしめでたし』でおわらせてくれるお話です。やっぱりクイーンは素敵な怪盗の美学をもっていて、かっこよくて、私たちを欺く行動で楽しませてくれて、大好きです。
    最後には現実味のない話がでてきて、普通ならジョーカーやRDと一緒に冗談だって否定したくなります。でもクイーンの世界観に浸っていたら、そういうこともなくはなさそうだなあと、つい受け入れてしまいました。いつの間にか本の世界に引き込まれてました。

    それから、あとがきに書かれていた"ページ単価が、最も安い作家を目指してます。"という言葉に心を打たれました。厚い本を見て胸が躍っていた小学生のときの気持ちを思い出しました。あの頃よりはお金を持てるようになりましたが、その気持ちを、忘れず持ち続けていたいものです。

全56件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

はやみねかおる
1964年、三重県に生まれる。三重大学教育学部を卒業後、小学校の教師となり、クラスの本ぎらいの子どもたちを夢中にさせる本をさがすうちに、みずから書きはじめる。「怪盗道化師」で第30回講談社児童文学新人賞に入選。〈名探偵夢水清志郎事件ノート〉〈怪盗クイーン〉〈YA! ENTERTAINMENT「都会のトム&ソーヤ」〉〈少年名探偵虹北恭助の冒険〉などのシリーズのほか、『バイバイ スクール』『ぼくと未来屋の夏』『帰天城の謎 TRICK 青春版』(以上、すべて講談社)などの作品がある。

「2020年 『令夢の世界はスリップする 赤い夢へようこそ -前奏曲-』 で使われていた紹介文から引用しています。」

はやみねかおるの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
はやみね かおる
米澤 穂信
三浦 しをん
はやみね かおる
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

怪盗クイーン、かぐや姫は夢を見る (講談社青い鳥文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×