蒲生邸事件(後編) (講談社青い鳥文庫)

  • 講談社
4.80
  • (8)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 76
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062853736

作品紹介・あらすじ

<後編>
昭和十一年の東京にタイムスリップしてしまった孝史が身をよせる蒲生邸の主人、蒲生大将が何者かに殺されてしまった。

一方、蒲生邸で住み込みで働く少女、ふきに好意をもつようになった孝史は、いっしょに現代の東京へ帰ろうと誘う。
恐ろしい戦争がくる。空襲がある。食糧だってなくなる--。

それをきいた、ふきの決断は?
蒲生大将を殺したのはだれか?
そして、タイムトラベラーであることとは、なんなのか。

 歴史の中で、自分の時代を誠実に生きぬこうとする人々の姿に、あなたも、「今」を生きる勇気がわいてくる!


<好評既刊 前編>
浪人生の孝史は、受験のため泊まったホテルが火災にあい、タイムトラベラーを自称する男に助けられた。
二人が助かるためにタイムスリップした先は、昭和11年2月25日、つまり、あの有名な「二・二六事件」の前夜の帝都、東京。
そして、二人が降り立った前庭は、二・二六事件後自殺したという蒲生将軍の屋敷のものだった。

あまり歴史に知識のない孝史はとまどいながらも、その時代の者として、蒲生邸で暮らすことになる。
あたりまえだが、そこでは、生身の人間が、まどい、笑い、悲しみ、働き、日々の生活を送っていた。

孝史を助けた男はほんとうにタイムトラベラーなのか?
蒲生大将を殺したのはだれなのか?

大きなスケールで描く歴史SFミステリー、前編。

<総ルビ 小学上級から 小・中学生向けに一部改稿>

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 二・二六事件の日にタイムスリップしてしまった謎の中年と主人公。蒲生憲之は誰が殺したのか?の推理小説としての面と、タイムトラベラーの苦悩、そして二・二六事件以降、戦争へと向かっていく日本という国について知ることができる。
    どの側面も面白い上に、絵がとても可愛い。
    黒星紅白のイラストと、宮部みゆきの文章を同時に楽しめるなんて最高だ。
    ただ一つ、「小学校高学年以上向け」だそうだが、小学校高学年にはちょっと難しいのでは…?

  • つくづく戦争はいやだと思った。独裁者は国民が戦争で死んでもなんら後悔なんかしない。己の自己満足だけで動く。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

宮部 みゆき(みやべ みゆき)
1960年、東京都生まれ。1987年に「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞し、デビュー。1992年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞、1999年には『理由』で直木賞、2002年『模倣犯』で司馬遼太郎賞、2007年『名もなき毒』で吉川英治文学賞など、数々の文学賞を受賞。大沢オフィス所属。日本推理作家協会会員。日本SF作家クラブ会員。直木賞、日本SF大賞、小説すばる新人賞、河合隼雄物語賞など多くの文学賞で選考委員を務める。『模倣犯』や『ブレイブ・ストーリー』など、多くの作品がドラマ化や映画化などメディア・ミックスされており、日本を代表するエンターテインメント作家として人気を博している。2019年7月10日『さよならの儀式』を刊行。

宮部みゆきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
宮部みゆき
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×