青い鳥 (新装版) (講談社青い鳥文庫)

制作 : 江國 香織 
  • 講談社
3.81
  • (6)
  • (2)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 74
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062853828

作品紹介・あらすじ

「ほんとうのしあわせって何?」--幸福の青い鳥を探すチルチルとミチルの旅路の物語を、江國香織の美しい新訳でおくります。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  『青い鳥』って、とっても簡易バージョンしか読んだことなくて、なんとなくの流れは知っている程度、と自分で思っていたら、全然知らなかったことに気がつきました。こんなに深いおはなしだったのね〜! とドキドキ。高野文子さんと江國香織さんという大すきなふたりが関わっていなかったら読まなかったと思うので、読めて良かった! すきな児童文学がまた増えました♡

  • おばあさんがちるちるにダイヤのついたぼうしをわたして、ダイヤを回すとまわりにあった物からこびとが出て来た所がすごくふしぎでした。青い鳥を探しに行った時、いろいろなできごとがおこってドキドキしながら読んでいました。とちゅう、くまやぶたがおそいかかってくる時もとても心配でした。私もしあわせになれる青い鳥がほしいなあと思います。なぜ青い鳥はしあわせにしてくれるの?

  • 高野文子だ!

    講談社のPR
    「クリスマス・イブの夜。まずしい木こりの兄妹、チルチルとミチルは、ふしぎな妖精のおばあさんに「青い鳥を探しにいってくれ。」とたのまれました。「夜の城」「幸福の館」「未来の王国」……。光の精や、犬や猫たちとともにめぐる冒険の旅で、チルチルとミチルは青い鳥を見つけることができるでしょうか? 100年の名作を、ワクワクするような新訳で! 」

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

モーリス=メーテルリンク
1862年ベルギー生まれ。詩人、劇作家。代表作に、戯曲『青い鳥』『ペレアスとメリザンド』『マレーヌ姫』、エッセイ集『ガラスの蜘蛛』『蜜蜂の生活』など。1911年にノーベル文学賞を受賞。
第二次大戦中、ナチス・ドイツのベルギー侵攻にあい、ポルトガルからアメリカへ渡る。戦後、フランスへ戻り、1949年ニースにて死去。

「2013年 『青い鳥 (新装版)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

青い鳥 (新装版) (講談社青い鳥文庫)のその他の作品

青い鳥の詳細を見る 青い鳥 モーリス・メーテルリンク
青い鳥 単行本 青い鳥 モーリス・メーテルリンク
青い鳥の詳細を見る 青い鳥 モーリス・メーテルリンク

モーリス・メーテルリンクの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シェル・シルヴァ...
梨木 香歩
ヘミングウェイ
三浦 しをん
ヨシタケ シンス...
有効な右矢印 無効な右矢印

青い鳥 (新装版) (講談社青い鳥文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする