十二歳 (講談社青い鳥文庫)

  • 講談社
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062854191

作品紹介・あらすじ

小学6年生の鈴木さえ。友だちもいっぱいいるし、ポートボールに情熱を燃やす楽しい毎日を過ごしていたのに、突然何かがずれ始めた。頭と身体がちぐはぐで、なんだか自分が自分でないみたいな気がする。それはいきなりやってきた頭痛といっしょに、さえの気持ちを不安にさせる。大人になったら、自分は特別な「何か」になることができるのだろうか?それまでの自分とは、まったくちがってしまった自分をみつめる、さえの『十二歳』の一年間を描く。第42回講談社児童文学新人賞受賞作品。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 主人公さえはポートボールのチームで活躍し友達もいてて好きな人もいるふつうの女の子。でも、ある日自分が自分ではなくなったような不思議な感覚におそわれて…。

    あんまり自分には経験がないお話だったから共感はできなかったけれど面白く読めた。こういう子もいるのかな?

  • 器用でうまくものごとをこなすけれど飽きっぽくて、「自分は何者にもなれないのではないか」という不安を抱えている小学校六年生の少女、さえの日々を描いた物語だ。
    携帯も裏サイトもなく、教師がまだ体罰をしてもなんの問題にもならなかった時代の物語だ。
    主人公のさえがなんとなくこまっしゃくれていてちょっと生意気で、まあ12歳っていうのはこんなものなのかと不思議な気持ちになる。
    自分が確かに通ってきた道なのにあまりに遠すぎて。
    椰月美智子のデビュー作にあたるため、ところどころ、違和感のようなつっかかる部分があった。(小学校六年生が有意義だった、なんて言葉を使うの?とか、些細だけどふと気になってしまうようなこと)

  • 青い鳥文庫になって、真の読者の元に戻ったって感じでしょうか?

    講談社のPR(文庫)
    http://bookclub.kodansha.co.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2759284

全3件中 1 - 3件を表示

椰月美智子の作品

ツイートする