青い鳥文庫ができるまで (講談社青い鳥文庫)

  • 講談社
4.05
  • (6)
  • (9)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 101
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062855013

作品紹介・あらすじ

2013年7月発売になり、新聞書評などでも話題になった本が、青い鳥文庫35周年の2015年、青い鳥文庫に!

小学生の子どもたちに大人気の青い鳥文庫。
編集部には日々、
「どうやってつくっているの?」「わたしも小説家になりたい!」「何か月くらいで本ができるの?」
などなど、子どもたちからたくさんの質問がきます。

それならば!と、青い鳥文庫でもノンフィクションをたくさん書いている岩貞るみこさんが取材をはじめました。

おもしろい本をとどけるために奮闘する作家、イラストレーターやデザイナー、編集部。そして、校閲や販売、印刷会社などなど、本作りには欠かせない、でも、子どもたちはよく知らない人々の仕事を追いました。
物語を読みながら、本のできあがっていくさまがわかる、新しい本です。
本が好きなあなたに、ぜひ読んでもらいたいです!

<小学中級から・ノンフィクション・すべての漢字にフリガナつき>

<おもな内容>

累計200万部突破目前の、とある大人気シリーズ。子どもたちへのクリスマスプレゼントにしたい!と最新刊・第14巻の12月発売を決めたものの、先生の原稿は遅れに遅れ……。
果たして12月発売にまにあうのか?

作家、イラストレーター、編集部、そして、校閲や販売、印刷所、取次、書店などなど、青い鳥文庫が書店に並ぶまでの人々の奮闘を描きます。

4ヵ月におよぶ綿密な取材にもとづいた、臨場感あふれる現場の姿。これを読んだら、あなたも本を作りたくなっちゃうかも!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ノンフィクション作家の岩貞るみこさんが、4か月間「青い鳥文庫」の編集内部を取材して、一冊の本が出来上がるまでを描いたお話。
    主人公は編集の「モモタ」という女性。設定は架空だが、プロの仕事と現場の様子が手に取るようにわかり、一緒に仕事をしているかのような臨場感がある。

    累計200万部目前の、とある人気シリーズ。
    最新刊の発売を12月に決めたが、肝心の作家の原稿が〆切りを大幅に過ぎてもあがってこない。焦る編集部。果たして発売に間に合うのか。。

    発売までこんなにもたくさんの手順が必要なのかと、目を見張るようなことばかり。
    原稿があがってから先ずは編集さんとふたりで見直し、印刷しやすいデータの状態に揃え、ようやく「ゲラ」が出来たら「校閲」にまわされ、「業務部」で発売までにかかるお金を計算し、カバーと帯のデザインを検討し、イラストを指定し・・
    このひとつずつの工程にすべて、様々なひとたちの努力と奮闘がある。
    そこに派生するコミュニケーションとチームワークの大切さ。
    互いの職分に対する敬意が根底にあって初めて成り立つものなのだ。

    子どもたちに、正しく丁寧な日本語を届けること。
    それも、子どもたちの小遣いで買えるような廉価で提供すること。
    流行を取り入れ、手に取った時に新鮮に感じてもらうこと。
    そこまで考え尽されて作っていることを、まるで知らなかった。
    なんて手間暇のかかる作業なんだ。
    章のたびに表れる「校了まであと○○日」をいう字を見ては、自分のことのように焦った。

    編集さんたちが、食事もそこそこに、徹夜までして頑張れるのは、読み手の子どもたちを思い浮かべるからだ。
    「大好きなシリーズの新刊を待ちわびて、発売当日に走って書店に行く子たち。
    もしも書店になければ、どんなにガッカリするだろう。」
    ・・青い鳥文庫で育った皆さんなら、ここはよーくお分かりのことだろう。

    日ごろ見えにくい編集さんの、お仕事小説とも言える。
    登場人物の紹介がイラスト入りで最初に現れ、子供向けかと思っているとその内容の熱さに驚くばかりだ。
    これで出版のお仕事に憧れる子もいるかもしれない。
    ところで、私にとって青い鳥文庫と言えばムーミンとコロボックル。皆さんは何ですか?

    • NS・沙都さん
      nejidonさん、再び失礼します。ちょっとコメントが錯綜してしまいますが、今回頂いたnejidonさんのお返事に対してのコメントとさせてい...
      nejidonさん、再び失礼します。ちょっとコメントが錯綜してしまいますが、今回頂いたnejidonさんのお返事に対してのコメントとさせていただきますね。

      nejidonさんのお返事を拝読して、本や言葉の力ってそういう側面もあるんだな、と感じました。自分自身の場合は、小説はフィクションのことと割り切って読んでいる側面も多いので、後味の悪い小説でも、あまり引きずることはありません。

      逆にノンフィクションや随筆・エッセイの類いだと、それが現実と根続きということもあって引きずる場合もあります。大平さんの本の場合は、本人の実体験とのことですから後者になりますね。自分がいじめの描写が耐えられないと思うのも、そこが理由かな、と思います。


      でもnejidonさんの場合は、たとえフィクションであっても、そうした人の悪意や傲慢さ、そして傷ついた人がいるという事実が耐えられないといった感じなのでしょうか。
      そうした繊細な心や優しさがあるから、自分はnejidonさんのレビューを、いつも温かみを感じながら読むんだろうなあ、と勝手ながら思いました。それもまた、言葉の力ですね。

      ちなみに自分がよく読んでいた児童文学は、青い鳥文庫ではなくポプラ社のルパン全集やズッコケ三人組シリーズ、あとはデルトラ・クエストというファンタジーのシリーズでした。

      こうした児童文学の作品って悪や悪い人物も出てくるけど、そうした人物たちも基本的にはさっぱりとした悪という印象があります。さっき書いたいじめのような陰湿なものではなく、もっと大きく分かりやすい根源的な悪というか何というか……(ズッコケはちょっと違いますが)

      nejidonさんが言及してくれたナルニア国物語にも魔女が出てくるのですが、彼女も正々堂々と正しく悪役をやっている感じがしました。
      で、そうした悪に対し、苦戦したり、惑わされたりしながらも打ち勝つのが、児童文学の様式美というか。だから児童文学ってnejidonさん風に言うなら「心に良い」ものなんだろうな、と思うし、それが大事なことなんだろうな、とも思います。

      そしてそうしたものが積み重なって「この世は頑張って生きるに値する」というメッセージにつながるなら、やはり本や言葉は、一つ間違えれば怖いけど、それでもやはり素晴らしい力があると、そう思ってしまいます。

      なんだか、よく分からない方向にコメントが流れてしまいました。自分でも雰囲気で書いていることは自覚してますので、よく分からないところは「こいつ、何言ってんだ」と飛ばしてください(苦笑)

      長々と失礼しました。最初のコメントでお気を悪くされたり、辛い気分になったのなら申し訳ありません。今後とも仲良くしてやってもらえたら嬉しいです。
      2020/03/31
    • 5552さん
      nejidonさん、こんばんは!
      私は青い鳥文庫といえば『クレヨン王国シリーズ』でした。(お読みになったことありますか?)
      どの本か忘れ...
      nejidonさん、こんばんは!
      私は青い鳥文庫といえば『クレヨン王国シリーズ』でした。(お読みになったことありますか?)
      どの本か忘れたのですがこんなようなエピソードがありました。

      異世界に行った登場人物たちが、ある脅威にさらされる。そこで一円玉をおでこにつければその脅威にさらされない、という話になって、お金持ちが大枚はたいて一円玉と交換し、何十枚もおでこにつけて嬉々としている、、、。
      ここが皮肉っぽくて、お気に入りでした。

      懐かしいです。
      今まで忘れていたのに。

      子供のころは本の中の世界に夢中になるか、それを考える作家さんに親しみを覚えるくらいで、手元に届けてくれるいろいろな人の事は考えたこと無かったです。

      nejidonさんの【本にまつわる本】カテゴリの本のレビューはそんな方々の貴重なお仕事や熱い思いを知ることができてありがたいです。






      2020/04/18
    • nejidonさん
      5552さん、こんばんは(^^♪
      コメントありがとうございます!
      はい、クレヨン王国、もちろん読みましたよー!大好きでした!
      むしろ5...
      5552さん、こんばんは(^^♪
      コメントありがとうございます!
      はい、クレヨン王国、もちろん読みましたよー!大好きでした!
      むしろ5552さんからそのタイトルが聞けたことに驚いています・笑
      レビューの中では「ムーミン」と「コロボックル」と書いてますが、ちょっと不思議で可笑しい話が大好きなのです。
      あと、皮肉が効いてるのも好きです。
      この本はすごく面白いので、5552さんにもぜひお読みいただきたいです。
      手元に本が届くまで、どれほどたくさんの人の手が必要か、いっぱい教えてくれます。
      早く読みたいしか思っていなかったのに、そんなにバックに人がいたんだって、目からウロコです。

      あらま!「本にまつわる本」として読んで下さっててすごく嬉しいです(#^^#)
      今までやってきて良かったと、初めて思いました(涙)
      5552さん、また面白い本をたくさん読んでいきましょうね。
      2020/04/18
  • 2021.8.15読了

    原稿が出来上がり、本屋さんに並ぶまでを小学生にもわかるようにやさしく丁寧に説明してくれています。
    作家さんと編集さんは一心同体なんですね。

  • 子供に大人気の青い鳥文庫の作成工程がわかる本!
    ここ半年読んだ本の中で一番おもしろい!

  • 文庫版も買いたい

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

ノンフィクション作家、モータージャーナリスト。横浜市出身。おもな作品に、『しっぽをなくしたイルカ  沖縄美ら海水族館フジの物語』『ハチ公物語  待ちつづけた犬』『ゾウのいない動物園  上野動物園  ジョン、トンキー、花子の物語』『青い鳥文庫ができるまで』『お米ができるまで』『わたし、がんばったよ。  急性骨髄性白血病をのりこえた女の子のお話。』『もしも病院に犬がいたら  こども病院ではたらく犬、ベイリー』『未来のクルマができるまで  世界初、水素で走る燃料電池自動車 MIRAI』『キリンの運びかた、教えます 電車と病院も!?』『命をつなげ! ドクターヘリ2 前橋赤十字病院より』『ガリガリ君ができるまで』『世界でいちばん優しいロボット』(すべて講談社)など多数。





























「2022年 『法律がわかる! 桃太郎こども裁判』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岩貞るみこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×