もしも病院に犬がいたら こども病院ではたらく犬、ベイリー (講談社青い鳥文庫)

著者 : 岩貞るみこ
  • 講談社 (2017年3月10日発売)
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :8
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062856089

作品紹介・あらすじ

「ぼくね、この病気になってしあわせだよ。」
入院中の子どもたちを笑顔に変える!

日本ではじめての”病院ではたらく犬”ベイリー。ハンドラーの森田優子さんといっしょに、病院にいる子どもたちを笑顔にするのが仕事です。
薬がのめるようになった、ベッドから起き上がるようになった、手術がこわくなくなった……ベイリーがいるだけで、病院は楽しい場所へと変わります。
もしも病院に犬がいたら――そんな願いをかなえてくれるファシリティドッグのベイリーのお話です。

<小学上級から すべての漢字にふりがなつき>

もしも病院に犬がいたら こども病院ではたらく犬、ベイリー (講談社青い鳥文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 写真がたくさんあり、子どもがあきずに読めると思います。
    先頭ページにあるカラー写真は青い鳥文庫では珍しいかな(?)
    病気の子どもたちがどんなに頑張っているかも知ることができました。

全1件中 1 - 1件を表示

もしも病院に犬がいたら こども病院ではたらく犬、ベイリー (講談社青い鳥文庫)のその他の作品

岩貞るみこの作品

もしも病院に犬がいたら こども病院ではたらく犬、ベイリー (講談社青い鳥文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする