• Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062856362

作品紹介・あらすじ

古くから「13」は不吉な数字と言われてきました。
キリストが処刑されたのが13日の金曜日、死刑台の階段は13階段、魔女集会はきっちり13人……etc.。
そのほとんどが迷信で、じっさいにはなんの根拠もありませんが、人々が忌みきらう何かがあるようです。
そして13歳という年ごろにも、いろいろな出来事が降りかかってくるようで--。
4人の作家が“13歳”をテーマに描く本格ホラー短編集。
怖いお話が苦手な子は、ぜったいにページを開かないでね!

【収録作】
池田美代子「赤い家」
辻みゆき「やっと会えたね」
伊藤クミコ「13星座のアイドル」
にかいどう青「この先、いき止まり」
池田美代子「教えて、ミチルさん。」

<小学上級から すべての漢字にふりがなつき>

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一家殺人事件が起きた「赤い家」に肝だめしに入りこむと
    ふみきりで声をかけられたすてきな先輩は25年前に
    未来を教えてくれるというスマホ版こっくりさんの結末は

    など「13歳」にふりかかる恐ろしいものがたりが5つ入った短編集

    《怖いお話が苦手な人は、ぜったいにページを開かないでね。》
    という惹句にさそわれて読み出すと...

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

大阪府生まれ。おとめ座のA型。おもな作品に「新 妖界ナビ・ルナ」シリーズ、「摩訶不思議ネコ・ムスビ」シリーズ、「海色のANGEL」シリーズ、「劇部ですから!」シリーズ(いずれも講談社青い鳥文庫)、『炎たる沼』(講談社)、『自鳴琴』(光文社)などがある。モモとナツという名の猫二匹と、ぐうという名のトイプードルと同居している。

「2019年 『エンマ先生の怪談帳 霊の案件で放課後は大いそがし!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

13歳は怖い (講談社青い鳥文庫)のその他の作品

池田美代子の作品

13歳は怖い (講談社青い鳥文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする