13歳は怖い 新学期の落とし穴 (講談社青い鳥文庫)

  • 講談社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062856836

作品紹介・あらすじ

13歳という多感な年ごろには、いろいろな出来事が降りかかってきます。
希望と不安が入り交じる新学期。そこには、思わぬ落とし穴が待ち受けているかもしれません--。
新たな出会いが引きおこす、5つの恐怖の物語。怖いお話が苦手な子は、ぜったいにページを開かないでね。

【収録作】
池田美代子「百目公演の魚」
にかいどう青「とどく、手紙、の、Sから」
みうらかれん「赤い絵の具」
伊藤クミコ「やさしい先生」
池田美代子「カリカリカリ。」

<小学上級から すべての漢字にふりがなつき>

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 希望の春、新学期の出会いに待ちうけているのは恐怖の落とし穴

    あこがれの優しい先生に連れられて封鎖された池に行ってみると──「百目公園の魚」

    いじめられて不登校になったSから何通もとどく手紙が気になって──「とどく、手紙、の、Sから」

    しずかでおだやかな先生の授業を妨害し「先生いじめ」をしていると──「やさしい先生」

    など、4人の人気作家によるホラー短編が5編
    好評だった『13歳は怖い』の続編

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

大阪府生まれ。おとめ座のA型。おもな作品に「新 妖界ナビ・ルナ」シリーズ、「摩訶不思議ネコ・ムスビ」シリーズ、「海色のANGEL」シリーズ、「劇部ですから!」シリーズ(いずれも講談社青い鳥文庫)、『炎たる沼』(講談社)、『自鳴琴』(光文社)などがある。モモとナツという名の猫二匹と、ぐうという名のトイプードルと同居している。

「2019年 『エンマ先生の怪談帳 霊の案件で放課後は大いそがし!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

13歳は怖い 新学期の落とし穴 (講談社青い鳥文庫)のその他の作品

池田美代子の作品

13歳は怖い 新学期の落とし穴 (講談社青い鳥文庫)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
ツイートする