龍の宿命、Dr.の運命 (講談社X文庫)

著者 :
制作 : 奈良 千春 
  • 講談社
3.84
  • (17)
  • (19)
  • (25)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 143
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062866125

作品紹介・あらすじ

「俺は眞鍋組から離れない。先生は俺から逃げない」眞鍋組の金看板、橘高清和を恋人に持つ美貌の内科医・氷川諒一は、ひとつ大きな悩みがあった。それは自分の大切な可愛い清和くんがヤクザということだ。清和が組長になる日が近づいたとき、反対派から氷川を守るため、清和は彼を実家に預けるのだが。ファン待望の氷川の姐誕生&清和の組長就任編『Drは龍に立つ』が大幅加筆修正で登場。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 守ってあげるつもりのあの子に気づけばいつも守られていた?
    幻の「清和の組長就任」編が大幅加筆改稿で登場!!

    「俺は眞鍋組から離れない。先生は俺から逃げない」眞鍋組の金看板、橘高清和を恋人に持つ美貌の内科医・氷川諒一は、ひとつ大きな悩みがあった。それは自分の大切な可愛い清和くんがヤクザということだ。清和が組長になる日が近づいたとき、反対派から氷川を守るため、清和は彼を実家に預けるのだが。ファン待望の氷川の姐誕生&清和の組長就任編『Drは龍に立つ』が大幅加筆修正で登場!!
    出版社より

  • 番外編で、清和の黒い部分が描かれていたのがびっくりでした。二人とも殺したのね…;なんかこのシリーズって、先生視点で描かれているせいなのか、シリアスになりきれてない感じなので、清和視点の組長二代目としての部分が新鮮というか。ちゃんと組のこと考えて行動してるんだなぁと。

  • 『龍の恋、Dr.の愛』
    『龍の純情、Dr.の情熱』
    『龍の恋情、Dr.の慕情』
    『龍の灼熱、Dr.の情愛』
    『龍の烈火、Dr.の憂愁』
    『龍の求愛、Dr.の奇襲』
    『龍の右腕、Dr.の哀憐』
    『龍の仁義、Dr.の流儀』
    『龍の初恋、Dr.の受諾』
    ⇒『龍の宿命、Dr.の運命』
    『龍の兄弟、Dr.の同志』(番外編)
    『龍の危機、Dr.の襲名』
    『龍の復活、Dr.の咆哮』
    『龍の雄姿、Dr.の不敵』

  • 普段、氷川視点であり、清和の口が重いのでなかなか掴みにくいキャラですが、清和視点のお話があってよかった。清和はやはり極道ですね。極道としての冷酷無比な顔が読めて、真鍋の昇り龍の名は伊達じゃないと理解できました。怖い人だ。そんな男が氷川だけを想うっていうのは萌えますw

全4件中 1 - 4件を表示

龍の宿命、Dr.の運命 (講談社X文庫)のその他の作品

樹生かなめの作品

ツイートする