春の女神と銀雪の騎士 (講談社X文庫ホワイトハート)

著者 :
  • 講談社
2.75
  • (0)
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (3)
本棚登録 : 34
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784062866729

作品紹介・あらすじ

春の女神と呼ばれる可憐な姫メルティーナは、初めて会ったときから、婚約者フォルストルの青い瞳に魅せられた。が、彼の深く重い青の瞳は冷たい人柄そのものを表していた。何事にも無関心なフォルストルだったが、メルティーナは、彼に愛されたいと、誠心誠意尽くす。そんなある日、メルティーナは、名前も知らぬ、吟遊詩人と一夜の過ちを犯してしまい…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • う、うーん…
    発想は面白そうなのだけども。

  • 2011年12月までには読了。
    婚礼をあげてから王子に恋するお姫様のお話?

  • 「結婚からはじまる恋愛」もの。最後の最後までその台詞吐くか!

全4件中 1 - 4件を表示

森崎朝香の作品

ツイートする
×